広島市【研修生】

農業専門の求人サイト あぐりナビ

求人掲載総件数 1420

農業専門の求人サイト あぐりナビ
求人掲載総件数 1420

広島市【研修生】

掲載終了日:2018年11月30日
※採用状況により早期終了する場合がございます。

【11/30締切り】農業経営者育成に実績あり!広島市・安芸太田町で葉物野菜生産の研修生を大募集☆農業未経験のあなたの就農をフルサポート致します♪【受講料・研修料無料】
業種 施設野菜
農園
自治体
地域 中国
都道府県 広島県
職種 生産・飼育/作業員
雇用形態 研修生(新規就農希望者)
寮・社宅 相談可能

【☆ひろしま活力農業経営者研修☆】

公益財団法人広島市農林水産振興センターでは、「ひろしま活力農業経営者」の研修生を募集しています。
約3,000㎡のビニールハウスで、コマツナなどの葉物野菜を周年栽培し、売上1,000万円以上を目指す農業経営者を育成するもので、これまでの20年間で、研修を受けた9割にあたる39名が、広島市及び近隣の安芸太田町に就農しています。昨年度の全体売上額は約5億7千万です。
応募資格は、農地を有していない18歳から原則就農時45歳までの方で、研修終了後、広島市・安芸太田町の斡旋される農地にて、施設での葉物野菜で就農し、また、就農地域(広島市の場合は、原則、農地の属する小学校区内)に定住し、将来的には地域活動の運営にも積極的に参画できる方です。
20代の若手もどんどん就農している人気の研修!1年間の基礎研修及び8ケ月間の実地研修で、未経験の方もしっかりサポート致しますので、安心していらして下さい。

【ここが魅力!5つの支援】

①研修の受講料・研修料はすべて無料です!
②就農にあたり約5,000㎡の農地をこちらからあっせんします(広島市の場合は、広島市農林水産振興センターから貸し出します)。また、約3,000㎡のビニールハウスをJAからリースします。
③実地研修を行う農地、ビニールハウス等施設で、研修後、そのまま経営をスタートします。実地研修中は、農地地代や施設のリース料を支援します。
④広島市の場合は、就農予定地での空き家の紹介や改修・家財整理費用・基礎研修中の家賃(首都圏・関西圏等から転居される方が対象)などの“定住支援”もあります。
⑤就農後の経営支援として、区役所等の農業指導担当者が適宜巡回指導を行う“アフターフォロー”も充実しています。

【実績のある広島で農業を!】

整った施設での基礎研修から新規就農、独立後までのサポートが充実した全国でも実績のある“ひろしま活力農業経営者研修”。私たちができるかぎりのサポートいたしますので、本気で農業を目指したい方は是非ご応募下さい!お待ちしています。


公益財団法人広島市役所農林水産振興センター【研修生】-1 公益財団法人広島市役所農林水産振興センター【研修生】-2

ビニールハウス等の施設3,000㎡をJAからリース(行政が約1/2を補助)

ビニールハウスでは、コマツナなどの葉物野菜を周年栽培。

募集詳細

研修先 広島県広島市、広島県山県郡安芸太田町内
研修内容 【葉物野菜の研修生(広島県)】
約3,000㎡のビニールハウスでコマツナなどの葉物野菜を周年栽培
農園の運営(栽培管理・収穫作業・圃場管理など)
1年目:研修施設での基礎研修
2年目:就農予定地での経営実習

雇用形態 研修生(新規就農希望者)
研修期間 2年間 
※研修日時は変更する場合があり
※2年目は、平成31年4月~8ヶ月間を予定
費用 受講料・研修費用は無料
研修時間 8:30~17:15(1年目)
寮・社宅 相談可能
応募条件 (1)年齢は、18歳以上原則就農時45歳未満であること。
(2)農地を有していないこと。
(3)研修修了後、広島市内または安芸太田町内の斡旋される農地に野菜専作(施設葉物野菜)で就農し、農地等の適切な管理を行うこと。
(4)就農までに就農地が広島市内であれば、原則就農地の属する小学校区内、安芸太田町内であれば当該町内に居住すること。
(5)就農後、就農地域と協調した関係を築き、将来的には地域活動の運営に積極的に参画していく意思があること。
サポート内容 (1)農地・ビニールハウスの斡旋あり(営農環境整備・就農に当たり、農地5,000㎡以上を広島市農林水産振興センターから貸し出し。ビニールハウス等施設3,000㎡はJAがリース。
(2) 立ち上がり支援あり(実地研修を行った農地・ビニールハウス等施設で、研修後そのまま経営をスタート。実地研修中は、農地地代や施設リース料の支援あり。)
(3) 定住支援あり(就農予定地域の住居・空き家等については、それぞれの行政から紹介あり。なお、広島市の就農予定地域における空き家の改修、家財整理に要する費用、首都圏・関西圏等から転居される方の基礎研修期間中の家賃についても、平成31年度に市から補助を行う予定。)
(4)アフターフォローあり(就農後の経営支援として、区役所等の農業指導担当者の適宜巡回指導あり。)
応募・申込み 【連絡先】
〒739-1751
広島市安佐北区深川八丁目30番12号
広島市農林水産振興センター 農業担い手育成課 担い手育成係

電話:082-842-4421
※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。
連絡事項等 【お問い合わせ・応募方法】

▼ご不明な点は、お気軽に「お問い合わせボタン」よりご質問下さい。

▼「あぐりナビ」よりご応募頂くか上記担当者へ直接ご連絡お願いします。

※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。


【選考フロー】
① 応募 11月30日まで
② 1次選考(12月予定):申込書の内容による書類審査
③ 2次選考(来年1月19日予定):面接審査
④ 選考結果:本センター掲示板での提示、及び申込者への通知
⑤ 採用

事業所情報

事業所名 公益財団法人広島市役所農林水産振興センター
事業内容 農林水産業の振興・指導・普及啓発・調査・試験研究
水源涵養、緑地保全等公益的機能の活用に関する指導・普及啓発
農山漁村地域の担い手の育成・指導
農地利用集積円滑化事業
水産資源の維持増殖に必要な重要魚介類等の種苗生産など

【HP】http://www.haff.city.hiroshima.jp/index.php

郵便番号 〒739-1751
所在地 広島市安佐北区深川八丁目30番12号
電話番号 082-842-4421
代表者 新谷 耕治
担当者