飛騨トマト新規就農者研修生募集【研修生】

農業専門の求人サイト あぐりナビ

求人掲載総件数 1429

農業専門の求人サイト あぐりナビ
求人掲載総件数 1429

飛騨トマト新規就農者研修生募集【研修生】

掲載終了日:2018年9月30日
※採用状況により早期終了する場合がございます。

「トマト研修生」大募集☆トマト農家として岐阜県飛騨市で独立就農を目指しませんか?就農に必要な知識と技術を2年間で学ぶことができます!1泊2日の就農体験も随時開催☆
業種 施設野菜
農園
地域 東海
都道府県 岐阜県
職種 生産・飼育/作業員
雇用形態 研修生(新規就農希望者)
寮・社宅 相談可能

【夏秋トマト一大産地での研修生を大募集☆】

ゼロからの独立就農を目指す方必見!岐阜県飛騨地域で「JAひだ」が「トマト研修生(第4期生)」を募集☆講義と実習によるトマト生産の研修を通して、あなたの独立就農を支援します!
岐阜県の北部に位置する飛騨地域は、周囲が3,000mを越える北アルプスや飛騨山脈などの山々に囲まれた地域。総面積の約9割が森林で、年間平均気温11度という冷涼な気候が特徴。日本海や太平洋に流れ込む源流を多く有し、おいしい水が豊富。そんな自然の恵みを受け、飛騨では様々な農作物がつくられています。冬は積雪が多い地域で農閑期となりますが、農家の多くはスキー場、酒蔵、除雪作業などの季節にあった仕事や生活ができ、気分的にもリセットができ、メリハリがついた生活が過ごせる地域です。
なかでも7月から11月まで出荷される夏秋トマトは単協(一つのJA)としての生産面積は全国一!特に8月~9月は日本一の出荷量を誇る夏秋トマトの一大産地です!また比較的消費地に近いという利点を生かし、関西・中部・関東・北陸の各地へ、新鮮でおいしいトマトを消費者にお届けしています。
そんな地域でトマト農家として就農したい!という方には「岐阜県」「市町村」「JAひだ」が全面サポート!参加してみたいけれど不安…という方、まずは1泊2日の就農体験も可能ですよ!

【就農に必要な全てを学べる2年間】

研修期間は、平成31年4月からの2年間。春の育苗から学び、7月から収穫を開始、秋には片付け。野菜作りの基本的知識はもちろん、生育ステージ毎の技術、各種資材の知識や農業機械の操作を実践的に学ぶことができます。また、農閑期となる冬の間を利用して、経営管理などの就農するまでに必要な知識を室内研修にて学ぶことができます。 講師には、岐阜県職員やJA職員、先輩農家が付き、研修中から就農開始後もしっかり指導、サポートしてくれます!
就農準備としては1年目の秋までには自作ほ場の決定、2年目には栽培研修と並行して自身のハウス準備と就農計画作りを行い、研修修了を経て3年目の4月から自分の農場での生産開始となります。就農にあたっては、住居や農地、施設の取得および資金調達などの相談にも都度対応。安心の体制が整っています。また、研修中においては農業次世代人材投資資金(準備型)が受給でき、就農開始後も同事業(経営開始型)が受給可能です。※要件あり。

【1泊2日の就農体験も開催☆】

とは言っても、知らない土地での初めての農業に心配のある方は多いと思います。まずは、飛騨でのトマト生産がどのようなものか、農作業がどのようなものかを知っていただくために、1泊2日の就農体験を随時開催!研修をおこなう施設やトマト農家さんのほ場、選果場の見学だけでなく、実際に農作業も体験していただきます。また、地元のトマト農家さんだけでなく、移住での就農をした農家さんに話を聞いたり、アドバイスをもらうことができますので、よりリアルにこの地での就農を考えていただける機会になると思います。ちょっとでも興味のある方、ぜひご参加ください!

【性別・農業経験を問いません!】

農業を始めるということはその土地に根付いて仕事と生活をしていくということ。地域住民の方との連携が必要となりますので、研修でもこの地域で農業を営んでいる方との交流の時間を設けています。
性別や農業の経験は問いません!トマト農家としてこの飛騨の地で独立したい!という熱い気持ちと体力、そしてある程度の自己資金があれば大丈夫です。研修中や就農開始にあたっての住まいの支援もいたしますので、ご安心ください。新規就農、ましてや独立というと不安があるのは当然だと思います。少しでもその不安を取り除きたいので、質問などがありましたらお気軽にお問合せください。ご応募お待ちしています。

ぜひ以下の市役所ページもご覧になってみて下さい♪
あなたにとって役立つ情報がココにあります!
【飛騨市就農支援サイト】
http://www.city-hida.jp/nougyo/
【飛騨市移住支援サイト】
https://www.hida-kankou.jp/u-turn/


飛騨トマト新規就農者研修生募集-1 飛騨トマト新規就農者研修生募集-2

こちらはトマト研修所のハウス。ここでトマト栽培の技術を実践的に学んでいただきます。

みなさんの先輩となる1、2期生の研修生。志を同じくした仲間がいるのは心強いですよね!

トマト新規就農者研修生募集-3 トマト新規就農者研修生募集-4

冷涼な気候、昼夜の気温差で自然の恵みを受けて育ったおいしい飛騨トマトをあなたも作ってみませんか?
 

JAひだ管内では選果場が整備されており、生産者は経営拡大や収穫量の増加に向けて力を入れる事ができます。

飛騨トマト新規就農者研修生募集-5 飛騨トマト新規就農者研修生募集-6

7月から11月までは、夏秋トマトの出荷がピーク。夏はさわやかな気候で過ごしやすいですよ♪

冬はトマトの農閑期になりますが、室内での研修やハウスの除雪作業などがあります。

飛騨トマト新規就農者研修生募集-7 飛騨トマト新規就農者研修生募集-8

岐阜県の北部に位置する飛騨地域は、3,000m級の山々に囲まれ、9割を森林が占める典型的な中山間地域。気候は全般に冷涼で、冬は積雪が多いことが特徴です。

昼夜の大きな気温差、豊富でおいしい水など、飛騨特有の自然の恵みをいかし、お米の生産が盛んな飛騨。知る人ぞ知る、良質米の産地です。

求人詳細

勤務地 飛騨地域トマト研修所:岐阜県飛騨市古川町信包字上野2676-1
仕事内容 【トマト研修生(第4期生)】
研修所でトマト栽培の基礎を中心とした研修をおこないます。

【2年間の研修カリキュラム】
春から秋にかけてはトマト栽培の実践的な技術や知識を学び、冬は座学で農業経営に必要な知識を学ぶことができます。
2年間という時間は長いようでトマト農家として独立就農するには、最短であると考えています。
【就農時の面積に近い規模での実践的な研修内容】
就農した際に、自分のイメージとギャップが生じないよう、研修の時から就農時と近い規模での研修ができます。

雇用形態 研修生(新規就農希望者)
研修期間 平成31年4月より平成33年3月まで
費用 受講料:無料
研修に必要な資機材はJAが負担
但し、個人の生活に係わる費用及び研修施設までの交通費は研修者の負担
※住居、農地、施設の取得および資金調達などの支援制度あり。
研修時間 研修所カリキュラムによる
※研修中に農業次世代人材投資事業(年間150万)が受給可能
休日 研修所カリキュラムによる
寮・社宅 相談可能
※研修棟、休憩室、シャワー、トイレ完備
社会保険 研修期間中の傷害保険への加入必須
※研修期間中の傷害保険についてはJAが負担します。
応募資格 年齢:平成31年4月1日時点において満18歳以上
経験:不問
免許:普通自動車免許
・トマト生産への就農意志がある方
・研修終了後、飛騨地域内にて就農し、JAへ出荷をする方

※就農を開始するためには、ある程度の自己資金が必要となるとともに、本人の努力、熱意、体力、地域住民との協力が必要となります。
※研修中の作業服等については、自身で準備をしてください。
※本事業の趣旨を理解し、誠実で積極的に研修を受講していただきます。
応募・問い合わせ先 【募集期間】
平成30年11月30日まで(募集状況により期間延長)

【提出書類】
以下の書類等に必要事項を記載・同封の上、下記募集期間内に郵送、または直接申し込みください。
・JAひだ「飛騨地域トマト研修所」平成31年度研修受講申込書
・履歴書(市販のJIS規格のもの、写真糊付け)

【応募先・相談窓口】
JAひだ本店営農推進対策室TAC推進課
担当:新野(にいの)・南(みなみ)
住所:〒506-0001 岐阜県高山市冬頭町15-1
TEL:0577-36-3880
メール:jahidaeino@jahida.gjadc.jp

※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。

【選考方法】
JA及び関係機関の選考委員による書類審査及び面接にて決定します。
面接日時:申込状況により随時実施(詳細な日時については、別途調整します)
面接場所:JAひだ本店(岐阜県高山市冬頭町15-1)
※申込者には、選考結果を郵送にて通知します。

連絡事項等 【お問い合わせ・応募方法】

▼ご不明な点は、お気軽に「お問い合わせボタン」よりご質問下さい。

▼「あぐりナビ」よりご応募頂くか上記担当者へ直接ご連絡お願いします。

※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。

※スムーズに選考が進みます。

 
【その他注意事項】
※研修中に販売したトマトの代金はJAひだに帰属します。
※本募集要綱に基づく提出書類に係る個人情報については、研修者の選考・研修期間中の指導・連絡及び就農に当たっての斡旋・その他運営に関する目的に使用します。

【就農体験について】
まずは体験をしたいという方のために、1泊2日の就農体験を随時開催しています。
※1泊2日が無理な場合、日帰り体験でもOK!
日程(例)
1日目 飛騨市役所集合(午後2時)
    ・オリエンテーション
    ・トマト研修施設およびトマト農家ほ場見学
    ・地元の農家さんたちとの交流会
2日目 ・トマト農作業体験
    ・トマト選果場の見学
    ・個別相談(就農に対してのアドバイス・情報を提供)
    飛騨市役所解散(午後3時)
※現地集合場所までの交通費や宿泊費は参加者の自己負担となります。
※時期によってはご希望に添えない場合もございますが、まずはご相談ください。
※就農体験お問合せ・申込み先は上記「応募先・相談窓口」と同じです。

【各種イベントについて】 
以下のイベントに出展予定ですので、ぜひ【岐阜県・飛騨市農業支援ブース】にお越しください。

【新・農業人フェア】
日付:7月28日(土) 場所:東京都 東京国際フォーラム 時間:10:00~16:30
日付:9月1日(土) 場所:東京都 サンシャインシティ 時間:10:00~16:30

【マイナビ就農FEST】
日付:7月29日(日) 場所:大阪府 グランフロント南館 時間:13:00~17:00
日付:9月23日(日) 場所:大阪府 グランフロント南館 時間:13:00~17:00

【ぎふアグリチャレンジフェア】
日付:8月31日(金) 場所:東京都 東京交通会館 時間:16:30~20:30
日付:9月2日(日) 場所:岐阜県 じゅうろくプラザ 時間:未定

【飛騨市就農相談会】※地元向け
日付:7月5日(木) 場所:岐阜県 飛騨市役所 時間:18:00~21:00
日付:7月24日(火) 場所:岐阜県 飛騨市役所 時間:18:00~21:00

【飛騨市就農体感ツアー】※地元向け
日付:8月26日(日) 場所:岐阜県 飛騨市内 時間:8:30~12:00

企業情報

会社名 飛騨農業協同組合(JAひだ)
事業内容 飛騨農業協同組合(JAひだ)

【「飛騨トマト新規就農者研修事業」平成31年度研修者募集要綱】
http://www.ja-hida.or.jp/topics/140805_01.html

設立
資本金
郵便番号 〒506-0001
所在地 岐阜県高山市冬頭町15-1
電話番号 0577-36-3880
代表者 駒屋 廣行
担当者 新野(にいの)・南(みなみ)
従業員数