留萌市地域おこし協力隊

日本海に沈む夕陽が美しいみなとまち「留萌」で地域おこし協力隊を募集。農業・観光・特産品等の魅力発信など、あなたの「やってみたい」を応援します!北海道ならではの生活を楽しんでみませんか?

  • 未経験者歓迎
  • 若手活躍中
  • AT免許OK
  • 食事補助
  • 寮・社宅相談可
  • 社会保険完備
  • 月給21万円以上
  • 独立希望者可

お気に入
りに登録

掲載終了日:2020年10月27日※採用状況により早期終了する場合がございます

留萌市地域おこし協力隊-top

掲載終了日:2020年10月27日※採用状況により早期終了する場合がございます

海・花・水稲で栄える魅力ある「留萌」
留萌市は、日本海に面した北海道の北西部に位置し、南北には暑寒別天売焼尻国定公園が連なり、日本海に沈む夕陽が美しいみなとまち。ニシンとともに発展し、塩かずの子の生産量が日本一の「かずの子のまち」として発展してきました。海と山の新鮮な旬の幸が集まりヒラメやタコ、ウニなどの海産物や、良質な留萌産米を中心とした農産物など、四季折々の食が魅力です。また、日本の夕陽百選にも選出された「黄金岬」から景色は、水平線に沈む美しい夕陽が染め上げる岬の奇石が独特の景観を醸し出す留萌のおすすめスポットです。
農業では「花きと水稲」栽培が盛んで、花きは「トルコギキョウ」を主体に、「スターチス・シヌアータ」「デルフィニウム」などを栽培。なかでも「トルコギキョウ」は、実需者のニーズに応えるため、多くの品種を栽培し、さらに中小輪系の品種と、大輪仕立ての規格を分けて出荷しています。仕立てた花の日持ちもよく、品質的に高い評価を受けています。
また、留萌農業の主力である水稲は、寒暖の差が激しく豊かな森に囲まれた環境が米作りに最適な地域と言われ、平成29年には、市内農業者の「ゆめぴりか」がコンテストの金賞を受賞するなど、美味しいお米の産地として生産者も日々努力しています。
地域の問題解決に向けた地域おこし協力隊の募集
留萌市の人口は、昭和42年に約4万3千人とこれまでのピークを迎えましたが、昭和43 年頃から転出者が増加し、基幹産業である漁業・水産加工業の衰退、留萌市の人口を支えてきた官公庁の統廃合が進み、さらに人口減少に拍車がかかり、現在の人口は約2万1千人にまで減少。農山漁村を取り巻く情勢は厳しさを増しており、 農家の減少や高齢化が進んでいます。
そんな問題を解消すべく「留萌市地域おこし協力隊」を募集。地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで意欲ある都市住民のニーズに応えながら、地域力の維持・活性化を図っていきます。隊活動期間終了後に、「留萌に定住したい」という思いを持った方々の応募をお待ちしています。業務ジャンルは全部で3つ。
①  農業技術の習得と農産物の利活用研究などを通じた地域の活性化。
②  林業技術の習得と、持続可能な森林整備の方法や地域材活用の研究などを通じた地域力の活性化。
③  増養殖技術の習得と生産につながる養殖業の開発、ICTを活用した漁業支援など水産業の推進を通じた地域力の活性化。
あなたの「やってみたい」という気持ちを支えます。
各業務の基本活動内容
①農業技術の習得と農産物の利活用研究などを通じた地域の活性化
(1)基本活動
・地域農業者の指導による農業技術の習得
・地場農産品の利活用研究
・農村地域におけるコミュニティづくり
(2)地域おこし活動
・地域の課題や困りごとなど地域ニーズの把握
・地域ニーズの解決に向けての活動
 
②林業技術の習得と、持続可能な森林整備の方法や地域材活用の研究などを通じた地域力の活性化
(1)基本活動・市内林業事業体の指導により、植林や草刈り、伐木などの林業技術の習得・ 市内の森林の効率的な維持、管理方法や、持続的な産業とする研究・地域で生産された木材を有効に活用する研究
(2)地域おこし活動・地域の課題や困りごとなど地域ニーズの把握・地域ニーズの解決に向けての活動
 
③増養殖技術の習得と生産につながる養殖業の開発、ICTを活用した漁業支援など水産業の推進を通じた地域力の活性化
(1)基本活動・市職員及び漁業関係者の指導による、ナマコ、ウニ、アサリ等の栽培漁業技術の習得・沿岸漁業資源の増養殖による利活用研究・漁業におけるICTの活用支援・新たなICTの利活用研究・漁村地域におけるコミュニティづくり
(2)地域おこし活動・地域の課題や困りごとなど地域ニーズの把握・地域ニーズの解決に向けての活動
 
①②③
(3)生活基盤形成活動
・協力隊の隊員個々の適性に合わせながら、本事業終了後の定住に向けた基礎の構築活動

募集詳細

研修先

①留萌市農業・農村支援センター ほか市内一円
②留萌市役所庁舎及び留萌南部森林組合 ほか市内一円
③留萌市役所庁舎及び三泊蓄養施設 ほか市内一円

研修内容

【留萌市地域おこし協力隊】
①農業(花き栽培もしくは水稲栽培)技術の習得と農産物の利活用研究などを通じた地域力の活性化
②林業技術の習得と、持続可能な森林整備の方法や地域材活用の研究などを通じた地域力の活性化
③増養殖技術の習得と生産につながる養殖業の開発、ICTを活用した漁業支援など水産業の推進を通じた地域力の活性化

雇用形態

留萌市の会計年度任用職員(パートタイム)として、留萌市長が委嘱

研修期間

採用の日から令和3年3月31日まで
その後、1年を超えない範囲において、留萌市長が委嘱更新の判断をし、最長期間は委嘱の日から3年までとします。
※ 協力隊員として相応しくないと市長が判断した場合、任期中であっても任用を取り消す場合があります。

研修時間

週4日間、30時間
※勤務日時等については、協力隊員との協議の上、季節や業務の内容により変動する場合があります。
※①高度な栽培技術を習得していただくため、勤務時間以外においても農業実習を受けることができます(最大3年間)。

費用

月額:214,000円
※月の途中で任用又は解職するなど、勤務が1月に満たない場合は、日割り計算で支給します。
※上記に、月額27,000円を上限に家賃の実費相当額を支給します(家賃に食費等が含まれている場合は、留萌市の定める基準に準じて算出した額とします)。
※期末手当の支給はありません。
※上記から税、社会保険料等の自己負担分が差し引かれます。

サポート内容

【住居】
月額27,000円を上限に家賃の実費相当額を支給します(家賃に食費等が含まれている場合は、留萌市の定める基準に準じて算出した額とします)。
※希望がある場合は、市が用意する新規就農者等支援住宅(市内幌糠地区)を斡旋をします。家賃(月額8,000円)は住居割増報酬として支給しますが、水道・光熱費等は自己負担となります。また、家具などの日常生活用品は個人で用意していただきます。
【通勤手当】
留萌市の定める基準により支給します。
【パソコン】
必要に応じて、パソコンを貸与します。
【使用車両】
必要に応じて、留萌市公用車を使用します。
【社会保険等】
厚生年金・社会保険等に加入します。
【年次有給休暇】
労働基準法等関係法令によります。
【実践活動】
協力隊員の勤務を要する時間以外の活動として、市長が認める範囲で次の実践活動を行うことができます。
① 基本活動及び地域協力活動に関連し実施する活動において、その活動に対する対価等を得る活動
② 地域おこし活動期間終了後の定住に向けた基礎の構築活動に必要な実証活動において、その活動に対する対価等を得る活動
※ 制度の改正等により待遇・福利厚生の内容に変更が生じる場合があります。

応募条件

(1)現在、三大都市圏や都市地域(過疎、山村、離島、半島等の地域に該当しない地域)に現に住所を有し、採用後に留萌市に住民登録を移し居住できる満20歳以上の方
※ 詳細は、総務省「地域おこし協力隊」のホームページに掲載されている「特別交付税措置に係る地域要件確認表」の北海道留萌市の欄をご覧ください。
(2)普通自動車運転免許を取得し、勤務開始時点で1年以上経過している方
(3)電子メール等、パソコンを日常的に利用している方
(4)心身ともに健康で、誠実に職務ができる方
(5)地域住民やNPOなどの関係機関・団体などと協力しながら、地域を元気にするために精力的に活動できる方
(6)活動終了時に起業又は就業して留萌市に定住する意欲のある方
(7)地方公務員法第16条に規定する欠格条項に該当しない方

研修までの流れ

(1)書類選考の上、結果を電子メールにて通知します。
(2)書類選考合格者を対象に、留萌市内で面接試験を実施する予定です。
面接日時等の詳細につきましては、書類選考結果の際に電子メールで通知します。

応募・申込み

(1)応募受付
令和2年9月30日(水曜日)必着


(2)提出書類
写真付履歴書及び職務経歴書を郵送してください。
※必ず次の事項を明記ください。
・パソコンからの電子メールが受信可能なメールアドレス
・希望業務(「1 留萌市地域おこし協力隊募集人員」の業務名)

問い合わせ先

【お問い合わせ、応募先】
〒077-8601 北海道留萌市幸町1丁目11番地
留萌市役所 地域振興部 政策調整課 まちづくり推進係
Mail:kikaku@e-rumoi.jp
TEL:0164-42-1809
FAX:0164-43-8778
※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。

連絡事項等

【お問い合わせ・応募方法】
▼ご不明な点は、お気軽に「お問い合わせボタン」よりご質問下さい。
▼「あぐりナビ」よりご応募頂くか上記担当者へ直接ご連絡お願いします。
※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。
※スムーズに選考が進みます。
▼「あぐりナビ」へのお問い合わせは、0120-747-967までお願いします。

備考

(1)次に該当する場合は、採用を取り消す場合があります。
・採用前に留萌市内に住民登録を移動させた場合
・申込資格がないこと、申込書の記載事項に事実と異なること等が判明した場合
(2)日常の生活等の手段として、自家用車の持ち込みをお勧めします。
(3)選考の経過や結果についてのお問い合わせには応じられませんので予めご了承ください。
(4)提出された個人情報については本公募のみに使用し、その他の目的には使用しません。
(5)応募人数の多少にかかわらず、採用しない場合もあります。
(6)面接試験のための交通費等及び着任のための引っ越し費用・交通費は支給いたしません。
(7)その他不明な点がある場合は、次の方法により、電子メールによりお問い合わせください。
なお、ご応募又はご質問いただいた内容について、担当から連絡させていただくことがありますので、あらかじめご了承ください。
①件名は「地域おこし協力隊応募に係る質問について」と記載ください。
②「住所」「氏名」「メールアドレス」を明記いただくか、別紙1の質問書に必要事項を入力して添付願います。
※行き違いを防止するため、お電話での質問は原則受け付けません。
※質問に対する回答は、質問者に対して電子メールで回答します。
※質問用紙はコチラから

事業所情報

事業所名

留萌市役所 地域振興部 政策調整課

事業内容

留萌市地域おこし協力隊

郵便番号

〒077-8601

所在地

北海道留萌市幸町1丁目11番地 地図はこちら

※面接・見学時の訪問場所と異なる場合がありますので必ずご確認下さい。

電話番号

0164-42-1809

業種から探す
職種から探す
雇用形態から探す
同じ業種の正社員募集を探す
その他条件で探す