和寒町農村生活体験実習生

生産量日本一を誇るカボチャと「越冬キャベツ」が特産品☆北海道塩狩峠の麓に広がる「和寒町」で農業体験をしませんか?【費用無料の宿泊施設あり・送迎あり・免許不問】

  • 未経験者歓迎
  • 食事補助
  • 寮完備

お気に入
りに登録

掲載終了日:2019年6月22日※採用状況により早期終了する場合がございます

和寒町農村生活体験実習生-top

掲載終了日:2019年6月22日※採用状況により早期終了する場合がございます

四季それぞれの自然が美しい町「和寒町」
北海道の中央よりやや北部に位置する和寒町(わっさむちょう)。旭川市から北へ36kmの距離にあるこの町は、塩狩峠の麓に広がる人口約3,400人の町です。盆地特有の気候で、夏と冬の温度差が驚異の70度超え!冬の冷え込みは厳しいものとなっていますが、春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、そして冬には一面の銀世界という、四季それぞれの自然が素晴らしい町です。
そんな和寒町の基幹産業は自然条件をいかした農業。特にカボチャとキャベツが特産品となっています。カボチャは作付面積と収穫量で日本一を誇り、近年では「ペポカボチャ」の地域特産食品化を推進。ハロウィンの飾りなどに利用する「おもちゃカボチャ」として知られているペポカボチャですが、食用とするのはその「種子」!鉄分、亜鉛などが豊富に含まれているスーパーフードとして注目されています。
北海道の一番良い季節を満喫できる農業体験
和寒町のキャベツと言えば、雪の下で保存することによって美味しさとシャキシャキ感がアップする「越冬キャベツ」。この「越冬キャベツ」は、和寒町のキャベツ部会が商標登録をしたため、扱えるのは和寒町のみです。農業者の工夫と努力により、新しい取組みにも前向きな和寒町の農業。町を支える産業である農業を通じ、この町の魅力を知っていただくために私たちは、農村生活体験事業をおこなっています。平成2年から始まったこの事業の目的は、将来的に和寒町に住んでいただくこと。今までに100名の方が体験をし、平成31年2月現在で11名の方が嬉しいことに引き続き和寒町で生活をしています。
今回の体験期間は、6月から10月。北海道の暮らしを体感できる一番良い季節です。体験の内容は特産品のカボチャやキャベツの植え付けから収穫まで。農業の経験は全く要りません。最初の1週間、農業研修施設にて農作業について学んだ後に、1週間単位でローテーションを組み、各受入農家で作業をおこないます。
しっかり農業を学べる環境☆楽しいイベントも!
各農家さんは丁寧に作業を教えてくれますし、毎月1回、研修会も実施。農業について、しっかりじっくり学ぶことができます。生活に必要な家電、そして無線LANも完備された宿泊施設があり、実習期間中は家賃・光熱水費が無料。各農家さんへの送迎もありますので、免許の有無も不問です。お昼ご飯は農家さんが提供。美味しいご飯を食べて、午後からの作業も頑張れます!朝と夜は自炊になりますが、徒歩圏内にスーパーやコンビニがありますので、料理は苦手…という方もご安心を。
町の人たちはとても暖かく皆さんを迎え入れてくれます。春は夜桜まつり、夏は夏まつり、秋は「全日本玉入れ選手権大会」「わっさむハロウイーン」、そして冬は「極寒フェスティバル」など、四季のおりおりのイベントが目白押し。ぜひ、イベントにもご参加ください。短い期間であっても楽しい時間を共有し、その思い出がこの町での就農や定住につながってくだされば嬉しいです。

募集詳細

研修先

北海道上川郡和寒町
※来町の際は、旭川空港または高速バス停留所までお迎えにあがります。
※旭川へはJRで約50分、札幌へは高速バスで約2時間15分の場所です。
※自家用車での来町も可

内容

簡単な農作業(カボチャやトマト、キャベツなどの植え付けから草抜き、秋の収穫まで)
※最初の1週間は町内の農業研修施設にて実習生全員が農作業について学び、その後、1週間単位でローテーションを組み、各受入農家を回ります。
※毎月1回、町内研修施設で研修会を実施
※農業関係団体との農産物販売や視察研修などもあり

参加者への支援

・月額生活費12万円(6月~10月)を支給
※なお、11月以降も引き続き滞在される方で、
 ①11月から翌年2月まで「農村生活体験」を継続される方は月額12万円を支給
 ②11月から翌年3月まで「企業に就職希望」される方は月額5万円支給


・宿泊施設から受入農家まで送迎あり
・昼食は受入農家さんが用意
・観光地案内あり
・農作業に必要な雨具、長靴、手袋、腕ぬき、麦わら帽子など用意します。
※作業着、ジャージなど着るものはご用意願います。

体験期間

6月3日(月)から10月31日(木)まで(5ヶ月間)
※なお、11月以降も引き続き滞在し、農村生活体験の延長、町内企業に就業することも可(翌年2月まで)

研修時間

8:00~17:00まで(8時間)

休日

土曜日・日曜日・祝祭日・町のイベント時
お盆休みあり

社会保険

健康保険:現在加入している健康保険証をご持参願います。
傷害保険:実習期間中は500万円限度に傷害保険に加入します。

参加資格

心身ともに健全で農業に興味のある方

受入人数

4名

宿泊先等

農村生活体験研修施設を利用
・個室(1部屋1名)
・ユニットバス、トイレ、寝具、洗濯機、テレビ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、電気ポット、掃除機、FF式ストーブ、クッキングヒーター、食器付
・無線LAN完備
・共有の自転車数台あり
・実習期間中(6月~10月及び農村生活体験を2月まで継続の方)の家賃・光熱水費は無料
※実習後、町内就業希望の方は、11月以降翌年3月末まで家賃無料で居住可能ですが、光熱水費は自己負担となります。
※朝・夜は自炊ですが、野菜のおすそ分けがあります。
※徒歩10分圏内にスーパー1ヵ所、コンビニ3ヵ所、薬局1ヵ所、飲食店、町立病院、歯科医院、図書館、体育館があります。

参加者交通費補助について

実習期間が3ヶ月以上の方には、帰郷交通費支給(航空運賃など)
※自家用車で来られた方にも支給

応募・問い合わせ先

募集期間:平成31年5月17日(金)まで(応募については随時相談に応じます。)
応募方法:下記の電話またはアドレス宛に住所・氏名・年齢・電話番号・申込の動機などを記載し、お送りください。追って応募書類を送付いたします。
 〒098-0192 北海道上川郡和寒町字西町120番地
 和寒町役場 農業委員会事務局
 電話:0165-32-2435(直通)
 FAX :0165-32-4238
 メール:nougyouiin@town.wassamu.hokkaido.jp
選考結果:5月末までにご連絡いたします。
※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。

連絡事項等

【お問い合わせ・応募方法】
▼ご不明な点は、お気軽に「お問い合わせボタン」よりご質問下さい。
▼「あぐりナビ」よりご応募頂くか上記担当者へ直接ご連絡お願いします。
※直接連絡される場合、必ず「あぐりナビ」を見たとお伝えください。
※スムーズに選考が進みます。
▼「あぐりナビ」へのお問い合わせは、0120-747-967までお願いします。

備考

・町等のイベントに参加していただくことがあります。
・町内でレンタカーを利用することも可能です。(有料)

事業所情報

事業所名

和寒町役場

郵便番号

〒098-0192

所在地

北海道上川郡和寒町字西町120番地 地図はこちら

※面接・見学時の訪問場所と異なる場合がありますので必ずご確認下さい。

電話番号

0165-32-2421

担当者

鬼頭 智

備考

和寒町役場ホームページ
http://www.town.wassamu.hokkaido.jp/