未来の日本の農業

昨今、「都会の喧騒に疲れて農業をやりたい」「田舎暮らしに憧れて」「自分はサラリーマンに向いていない」といった理由で農業を生業として選択しようとする若者が増えております。しかし、農業は、個人で農地探し、生産から販路開拓まで行うため決して簡単な職業ではありません。自然との調和も必要な要素になりますし、成功されている農家は土、肥料、栽培方法の勉強を常に行われて、尚且つ販路開拓まで精力的に動かれています。しかし、成功すれば大きなビジネスへと発展するチャンスもあります。
例えば、作物を加工して販売する六次産業化実践の農家、ブランド野菜や市場流通が少ない野菜の生産や販売戦略、市場を日本国内ではなく東南アジアなどの海外に置いてグローバル化を目指すなど、多種多様な方法があります。
ここでは、その中の一部をご紹介するとともに、未来の日本の農業についての記事を挙げております。

農業経営で成功する秘訣

a0001_009131

脱サラして農業に従事する!成功への近道とは サラリーマンから農業従事者への転職は、簡単なものではありません。それでも成功すれば、大きなビジネスに発展する可能性が秘められています。脱サラして農業に携わる上で、成功へとつながる近道について紹介します。 農業のいろはを学べる環境とは サラリーマンとしてオフィスワークの仕... (Read more)

農業ビジネスを始める

a0002_002554

農業で生きていく!農業での起業の方法と事業展開 近頃農業はTPPへの参加や農業者の高齢化などによって衰退しているように思えます。しかし、本当にそうでしょうか?今新たなビジネスモデルとしての農業、理想の暮らしを手に入れる手段のとしての仕事という考え方が広がってきています。 農業ビジネスの概況と展望 日本の農業は狭い... (Read more)

農業のグローバル化

wet-morning-field_2234383

時代はグローバル!?海外の農業求人にも目を向けてみては? 農業というと、日本国内での仕事を連想しがちです。しかし視野を広く持ってみると、海外にも農業で働くチャンスがあるのが分かります。このグローバル時代の中で、海外に見つかる農業求人について詳しく見ていきます。 海外の農業と日本の農業の相違点 農業で働くことができ... (Read more)

国内でのプロモーション戦略

DSC_0267_s

これからの農業の商品プロモーションの必要性 以前と前記事にてこれからの農業が国内外問わず、高度なプロモーション活動が必要であると書きました。その理由は、今までの日本の農業の形態として、農協が買取、卸しといった活動を独占しているため、あたらな販路を見いだせず農業自体が疲弊化してしまったことや、TPPなどの貿易自由協定に... (Read more)

ブランド野菜の開発、販売戦略

growing_onion_206910

プロモーション戦略としての農作物のブランド化 では、国内のプロモーションの手法として、どのようなものが挙げられるでしょうか。たとえば、関サバや関アジを考えてみましょう。これらは、下関の豊穣な海で育った、他のアジやサバと比較しても脂の乗りが強く、非常に美味しいとされるブランド魚です。これは、商品のブランディングで成功し... (Read more)

おもしろ野菜、という手法

kome23f

バイオ技術を利用して野菜を交配 上記には具体的なプロモーションの手法や、農業のブランド化のポイントを書きました。では、具体的に地域や、極上の品質といったカテゴライズ以外にはどのような手法があるのでしょうか。まずは、インパクトのあるオリジナル野菜を開発してしまうというのはいかがでしょうか?これは、海外では遺伝子組み換え... (Read more)

料理と一緒にプロモーション

IMG_4918-600x400

各種のジャンルの料理×ブランド野菜 上記で書きました飲食店とのコラボレーションとは別に、単純に料理とのコラボレーションという手法も効果的なプロモーション手法と言えます。たとえば、料理本などでおもしろ野菜を使った特選和食】といった企画を出したり、既存の料理レシピにブランド野菜を使うメリットをテレビで紹介したりする手法で... (Read more)

海外で勝負する日本農産物とは?

bale-of-hay_21223147

農業のグローバル化 近い将来、日本の農業は海外の農業と競争していく必要性が生まれます。TPPや各種貿易協定では、関税の撤廃による農業の輸出自由化を求められています。当然、現在の様な補助金で手厚く保護されている農業は、外国勢からすれば、自由競争の妨げであると指摘されるでしょう。補助金で日本の農業を保護することは難しくな... (Read more)