日本の食生活と農業

日本は江戸時代の鎖国や、島国という立地から、食料確保は国内で生産するしか方法がありませんでした。しかし、第二次世界大戦を経て、日本の食文化は大きく変化し、輸入の小麦等から作られるパンやパスタ等も増えてきました。
かつての日本は野菜や穀物がメインでしたが、食生活の欧米化と急速な近代化により、日本国内にいればどこでもいつでも食べたいものが食べられるようになり、インスタント食品やファーストフード等も一般的に手に入るようになりました。それらは、アレルギー疾患の拡大を生み出します。現在でも花粉症や喘息等、日本国民の多くが患っています。こういった状況を解消するためには、野菜不足の現代人の食生活の変化が必要です。そのためには、日本人の特性でもある仕事に多くの時間を費やす習慣を変えていく必要があるかもしれません。買い物や料理をする時間を確保することで、加工食品に頼らず、新鮮で健康な野菜を当たり前に食べる生活を手に入れることができます。昨今では、健康意識も高まりから、食生活を見直す取り組みも注目されています。

日本の食生活の変化と農業

IMG_4939-600x400

まずはじめに かつて日本は農耕、稲作が食料確保のメインの行動であって、日本人の食文化の多くを占めるのが国産の野菜や大豆、米などでした。しかし、第二次世界大戦後、連合国統治時代を経て、日本の食文化は大きく変わりました。米も玄米ではなく高度に精製された白米が主流になりましたし、輸入の小麦が原料であるパスタなどの麺やパン食... (Read more)

蔓延する成人病とその原因とは。食生活から考える。

cabbage-patch_19-107016

食生活の欧米化がもたらすもの 過去と違い、現在は加工技術や品質保持の技術の向上から、どこでも食べたい時に食べたいものが食べれる時代になりました。温めるだけ、お湯を注ぐだけで食べれるもの、注文してすぐに出てくるファーストフード、お菓子、パンなどお金さえ出せば簡単に食品は手に入るようになりました。また、パン食が普通になり... (Read more)

アレルギーと食生活

corn-rows-3_21021428

激増するアレルギー疾患 また、日本で今一番問題となっているのはアレルギー疾患の拡大です。アレルギーとは、花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎に代表される免疫プログラムの過剰反応で、本来排除する必要の無い物質に対して、過剰に免疫が反応する疾患を言います。過去に比較して、日本人のアレルギー疾患の患者は爆発的に増えています。特に... (Read more)

日本人が目指すべき食生活と農業の関係

IMG_0970

野菜不足の現代人 日本人の食生活の変化は、仕事や家事、育児といったライフスタイルの変化とも大きな関わりがあります。仕事が忙しく、休日も少なくなってしまうと、料理になかなか時間がかけられず、自ずと加工食品を選択してしまったり、時間が無いときに便利なファーストフードを選んでしまいます。単発的であればそれも仕方無いのでしょ... (Read more)

健康と食生活と農業

barley_field_away_lane_224688

農業の活性化と食生活の再日本食化 昨今の日本では、健康意識の高まりから、食生活を見直すプログラムなども多く紹介されるようになりました。しかし、現在の日本は農業従事者の高齢化や、減反政策、食品の輸入への依存などの問題から、なかなか健康的な食生活を実現するのは難しい環境であるとも言えます。やはり、国内での農業生産による安... (Read more)