マッチングサイトの可能性

近年、農業で働きたいという若者が増えています。ただそれ以上に高齢化が進み、離農する農家が多く、特に地方では働き手不足は否めません。また、農家で働き始めたとしても、「イメージと違った」「思ったより大変」など、長続きしない若者も多い状況です。新規就農したとしても経営がうまくいかず、数年でリタイヤする人も多いそうです。更には農業分野では通年雇用が難しいことが多く、繁忙期のみの期間限定の雇用も多々あります。
そこで注目を集めているのが、住み込みの短期アルバイト。農家としても必要な時期だけ人手を集めることができ、また働く側としても農業の第一歩としてや、田舎暮らしを経験するとともにお金を貯めることができるので、双方にメリットのある求人の仕方です。今後の少子化による人手不足解消の方法としては、欧米のような大規模化、そしてそのための機械化は避けられません。このような様々な背景や実態を踏まえた上で、農家と働き手をつなぐマッチングサイトが必要とされてきます。

近年、注目の農業!魅力ある職業に若者も参入

yun_537

農家で働く人が増えている!?最近の就農事情について 農家で働く人は増えています。が、人手不足は中々解消されないのは辞めてしまう人が多いからだけではありません。新しく農家で働こうとする人は農業自体よりも、新しいビジネスに魅力を感じる人が多いからだと思います。 10年前と比べて就農者は増えている? 10年前に比べ、農... (Read more)

農業のワークスタイルと住み込み求人

a0001_009218

農業の住み込み求人の魅力 最近注目を集めている農業と言うジャンル。 短期的なアルバイトを募集すると毎年若い年齢層の参加者が年々増えているそうです。 自然と触れ合い、野菜や果物と共に人との絆や自分の力も育んで行ける農業。 本格的に住み込みでやるとどんな魅力が分かるのでしょうか。 農業に従事するという心意気 近... (Read more)

農業の高齢化と跡継ぎ募集

PPP_tesagyoudenaewoueru500

農家の跡継ぎ募集について知ろう 高齢になったけれど後継ぎがいないため、後継ぎを探している農家があります。 また、株式会社化した農家で生産ノウハウを受け継いでいく人材を探している場合もあります。 農業を始めたいと考えている人にとっては、後継ぎ募集を利用すると様々なメリットがあるので、可能性の1つとして検討してみては... (Read more)

現状の職業としての農業の問題点

mugi01f

農業の人不足の本当の理由は 前項でも書きましたが、少子高齢化時代の到来とともに、農業の人不足は深刻な問題になりつつあります。人不足がおきると、耕作放棄地の問題や農業からの転職など産業自体が成り立たなくなる可能性があります。また、現在の農法での農業は、田植えや耕作、収穫とどれを通じても重労働のため、ホワイトカラー職に就... (Read more)

農業の大規模化、合理化と農業への就業の可能性

corn-rows-3_21021428

農業に従事することとは 現状で、土地を持ち、農業に関する耕耘機などの設備投資をし、収穫して出荷するまで収入が見込めない、といった従来の農業に、経済的に厳しい若者が従事することはほぼ不可能です。大きな投資額が必要ですし、しばらくの間兼業も兼ねなければなりません。それに、農作業をせず、他の仕事をする訳にはいきませんので、... (Read more)

どういったマッチングサイトが求められるのか

phm10_0018-s

マッチングサイトとは? 私は趣味でレコードを買うのですが、最近はアメリカのサイトでDiscogsなる大きなレコード販売ポータルサイトがでてきました。莫大な在庫数で、見ているだけでも楽しいのですが、実はコレ、レコードを買いたい人(buyer)とレコードを売りたい人(seller)を結びつけて自由に売買できるサイトなので... (Read more)

若者を農林水産業に迎え入れることが最大の改革

OHT97_midoritobieinooka500

人不足の農業には若者が必要 少子高齢化や都市への人口流入、一極化によって慢性的な人不足に陥る農林水産業ですが、やはり再生のカギは若者の雇用受け入れにあると言えます。まずひとつに、農林水産業の技術を次の世代に教育し伝承すること、これは産業という意味で持続するためにとても重要な課題です。また、技術の伝承だけでなく、現在の... (Read more)

農林水産業のこれからの就労の可能性について

gum01_ph01161-s

複数のプロモーションをすること 現在、農林水産業の人不足解消には、多くのバリエーションのプロモーションが必要になってくると思います。たとえば、CMをする、農協、漁協が就業支援プログラムを組んで、今以上にイベントを開催する、マッチングサイトや就職活動サイトの作成、そしてなにより、自分の身体で日本の未来を担う食料を生産す... (Read more)