デフレと農業

デフレ経済がもたらす日本人への影響は計り知れないものがあります。私生活においては、長時間低賃金労働に始まり、日用品やファストチェーン店の値下げ合戦…。これに伴い食品もデフレ化が進んでいますが、安いものには裏がある場合も多いと考えられています。
日本の農作物・畜産物・乳製品は高品質ですが、それは各農家が技術だけでなく、時間と労力を費やして育ててくれた安全な農作物だからです。TPP締結により、今よりも更に諸外国からやすい農作物が輸入されてきます。現在のデフレ経済の影響を受けたままであれば、日本の農業の衰退に繋がる可能性もあります。そこで当コンテンツでは、日本農業は何をするべきか?、日本の農業が進むべき道は?、未来を見据えた農業とは、といったテーマを元に記事を挙げております。

現在日本の抱える構造的問題とデフレ

phm26_0825-s

まずはじめに 現在、日本は戦後高度経済成長期、バブル経済の崩壊を経て長い不況の状態が続いています。雇用体系も非正規化、さらにはホワイトカラーエグゼンプションによる残業代のカットなど、以前では考えられないような過酷な状況が生まれつつあります。また、少子高齢化によって生産人口が減少し、このままでは社会保障や税金も危険な状... (Read more)

デフレと食と日本の農業

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

デフレが日本人の食も変えたこと 長いデフレ経済で、日本人の食に対する考え方も変わりました。牛丼屋は値下げ勝負で原価ギリギリの食品を販売し、消費者は給与が上がらないためこれらを歓喜して受け入れました。安くて、そこそこのものが食せることを知ってしまったのです。当然、お金をだせば良い物を食せることは誰しもが解っていることで... (Read more)

食の安全と外国産農作物

gum08_ph11020-s

注目される食の安全 本題の農業改革を語る前に、昨今重要な議論となっている食の安全を考えていきましょう。ここ数年、生食肉での集団食中毒、死亡事件や、食品偽装問題、中国の輸入食品における毒性など、さまざまな食の安全をめぐる事件がありました。デフレ化した日本経済で、安く品質の悪い食品が多く流通したため起きてしまった事件で、... (Read more)

米国に見る農業の合理化と質

gum08_ph05011-s

アメリカ式の農業とは アメリカで生産される主な農作物と言えば、トウモロコシ、小麦、大豆などが挙げられます。アメリカでは、1950年代以降、農業の工業化と大規模な農業企業が広大な敷地で、低コストな生産を可能にしていきました。たとえば、農薬散布もヘリコプターを使ったり、機械化、工業化が人件費コストを縮小し、莫大な生産量を... (Read more)

TPPに見る農業のグローバル化

gum08_ph05016-s

TPPと日本の農業 現在、進行中案件である環太平洋パートナーシップ協定(=TPP)ですが、これらは日本の農業のこれからに一石を投じる重要な協定です。一部の議論では、日本の農業を破壊する、食の安全が崩壊すると一様に叫ばれていますが、本当にそうでしょうか?今まで続けてきた保護政策としての農業はいずれ破綻します。国家予算の... (Read more)

これからの日本の農業が目指すべき道

phm10_0845-s

諸外国に負けない農業を目指す TPP締結が現実のものとなりそうな近年、日本の農業は構造的改革が必要と言えます。まず、このままTPPが締結されると、恐らく外国勢は日本の農業への補助金を廃止するよう迫りますから、ほとんどの農家は厳しい状況に追い込まれるでしょう。しかし、出来るだけ早く農協の独占状態を辞め、一般資本の参入が... (Read more)

農業の大規模化と少子高齢化問題の逆利用

IMG_4914-600x400

農村が抱える少子高齢化問題 現在、日本は急激な少子高齢化が進んでいて、最近のニュースでは2040年までに多くの自治体が消滅する可能性があると報じられました。少子高齢化は東京の一極集中化を推進してきましたし、農業においても後継者不足など深刻な問題を生んでいます。また、後継者がいない農家では、耕作放棄地や農業自体を辞めて... (Read more)

日本産農作物のブランディング戦略とは

a1180_010191

安全というブランド 先程は、大規模化、合理化、低コスト化が国際競争のために農業に求められることと述べました。これは、一般企業では昨今当たり前の概念です。しかし、国産農作物がこれだけの条件では、外国産の安くて流通量多いが、不安の残るものになってしまいます。そこで、日本にしか出来ない技術を使って、より安全な農作物を生産し... (Read more)

未来を見据えた農業にしよう

gum08_ph05005-s

長々と書いてきましたが、さいごにこれからの農業がどうあるべきか、どうやってグローバル化に耐えうる農業に変革していくのか、考えてみましょう。まず、補助金や優遇策による農業保護は今、この時の農業従事者にしか恩恵を与えません。確かに、一度得てしまった既得権益、競争の不要なことはなかなか手放せないのは理解できます。ただ、これか... (Read more)

これからの日本に必要な農業とは

yun_537

まずはじめに 現在、日本ではTPPによる農作物の輸入自由化の問題や、農協の改革といった農業に関する自由化、改革が多く議論されています。また、多くの農村では少子高齢化の影響で、耕作放棄地が発生するなど多くの問題が表面化しています。これからの日本が目指すべき農業とは、一体どのようなものなのでしょうか?考えてみましょう。 ... (Read more)