農業と消費と文化

世界では4秒に1人が餓死していると言われる今日。私たちがこれから取り組み考え行動すべき事は一体、何のか。
日本人は、古くから米をはじめ麦・粟・豆・稗(ひえ)または、黍(きび)を中心に食生活を送っていました。現在は、科学の進歩として遺伝子組み換え食品や多くの輸入に頼り、国産のものより輸入ものが増え食生活も欧米化されています。そのような中、日本の食料廃棄量は年間1,713万トン。そのうち500〜800万トンはまだ食べる事ができる食品ロスと言われています。
そこでエルシカ消費に注目が集まりつつあります。地球環境に配慮した、または、日々の消費行動から社会貢献を行います。まずは個人の農家・小さなコミュニティとして取り組み、それに対して地域や自治体、国やJAも方向転換や支援、新しいスタイルを取り入れつつあります。新しいものを取り入れつつも農の厳しさを伝える。ここでは、そういった内容の記事をご紹介しています。

『半農半X』という新たな生き方

ear-agriculture-close-up-bread-cereals-grain_121-88494

半農半X 半分は「農」のある小さな暮らしを送りながら、半分は自分の道を追求し社会貢献をしていこうとする生き方、そんな「半農半X」を新しいライフスタイルとする人がいます。 半農といっても、半日を必ず農業にあてなくてはいけないというものでもなく、野菜を育てる場所は小さな庭であったりベランダのプランターでもいいのです。「... (Read more)

遺伝子組み換え作物

pumpkin_autumn_harvest_208979

遺伝子組み換え 遺伝子組み換え(Genetically Modified)作物は2011年時点でアメリカを中心に世界29ヵ国、1億6,000万ヘクタールの農地で栽培が行われています。 日本の国土面積のおよそ4倍、世界の農地面積の約12%に相当します。 こうしたGMで作られる作物は半数以上が大豆で、その大部分は飼料... (Read more)

雑穀食文化

wheat-in-the-hands_21024277

雑穀 日本では米をはじめ麦・粟・豆・稗(ひえ)又は黍(きび)の五穀を中心に、食生活に雑穀を取り入れる人が増えてきています。白米に比べて雑穀の高い栄養価に注目が集まり、今、雑穀を見直す人が増えてきているのです。しかし日本の雑穀生産者の数は非常に少なく、国産雑穀は全需要の半分以下にとどまっています。というのも雑穀は手作業... (Read more)

進化する農業 第六次産業化

PAK13_inakanotanbo20130812500

六次産業化 今、農業の第六次産業化を推進させようとする動きが活発になっています。 六次産業とは一次産業×二次産業×三次産業からきています。 第一次農業だけではなく、第二次・第三次の農産物加工や新商品の開発や製造・販売を農家自身が全面的に取り組んで、付加価値を生みだしていこうとする取り組みです。 それは観光農園の... (Read more)

日本の農業と世界の飢餓

phm12_0148-s

世界の現状 世界では4秒に1人が餓死していると言われています。 世界の食料総生産量は、全世界の人が十分まかなえる量であるにも関わらず、 飢餓人口は9億人を突破しており、その数は毎年増加傾向にあります。 こうした飢餓は、貧困や農地・水不足、戦争、不公平な取引などの要件が 複雑に絡み合い生まれています。 飢... (Read more)

日本農業とオランダ農業

fod010-s

オランダ オランダはアメリカに次いで世界第二位の食料輸出国です。 日本の九州ほどの大きさです。 そして、面積当たりの収穫量は非常に高く、例えば1,000㎡あたりのトマトの収穫量は 日本がおよそ20トンに対しオランダでは70トンと日本の3.5倍にのぼります。 オランダは農地を大規模化することで熱やCO2を有効利... (Read more)

農家を支えるエシカル消費

phm12_0159-s

今、「エシカル消費」に注目が集まっています。 エシカル(ethical)とは倫理的・道徳的という意味です。 多少値段が高くても地球環境に配慮したものを選び、日々の消費行動から社会貢献をしたいという倫理観に基づいた消費を「エシカル消費」と呼んでいます。 エシカル消費の代表的なものとして、有機食品の購入・地産地消・ス... (Read more)

農業とJA

a0027_001315

4つの柱 農村では今、4つの柱で農業再編を推し進めています。 1つは、中規模経営を行う農業法人や株式会社などの「法人」です。 2009年12月の農地法改正で、企業の農業参入が始まりました。 2011年の法人数は12,000社を超えています。 2つ目は、「認定農業者」の中核農畜産経営体です。 半数の経営体... (Read more)

農業の要 土を考える

a0002_002554

原点は土 土は言うまでもなく、野菜や果物を育て私たちを養っています。 しかし私たちは普段土に触れる機会もなく、土を意識することはありません。 土は気候・生物・地形といった自然の要素により変わりながら相互に作用し合って、長い時間を経て今の姿になっております。 しかし世界ではこの大切な土が砂漠化し、日本でも土壌が汚... (Read more)

農産物の新たな販路 道の駅

pb199933-500x373

道の駅 平成26年4月、道の駅は全国で1,030駅を突破しました。 来訪者数は年間5億人を超え、およそ3,500億円を売り上げています。 今や大手コンビニエンスストアに引けを取らない巨大マーケットとなっています。 道の駅は自治体が土地を確保し建物を建て、 第三セクターや民間企業が運営する「公設民営」です。... (Read more)