食と農業

日本の食料自給率は1965年の73%から2010年までの35年間でわずか35%までに減少しました。日本で長く続いたデフレにより海外の安価な生産品が日本人の生活に定着してしまったことや、農業従事者の高齢化や後継者不足問題が顕著になっていることが理由として考えられます。しかしこういった問題の中で日本の農業は転換期を迎えています。
昨今、BSE問題を皮切りに食への安全と安心が特に重要視される時代になり、「食と農業」の課題が顕在化してきました。消費者の食の安全への関心は強く、嗜好や質など多様化するニーズに対応するためのビジネス化も顕著になっています。個人事業として行っていた農作業を法人化したり、異業種参入が続いたりと生産現場の可能性は広がっています。結果、2000年には約5,000社だった法人経営体数は2012年には12,000社以上に増え生産から物流販売までの一貫体制や、6次産業化など多くのビジネススタイルが確立されています。

子供にも食育を!農業体験について

子供にも学ばせたい!貴重な農業体験 農業は、農作物を生産する目的を持つと共に、子供たちの教育にも役立ちます。子供たちが農業体験を経て、そこから学び取ることができる内容は多いです。子供たちにぜひ学ばせたい農業体験について、詳しくご紹介します。 農業を体験することで学ぶ食育とは 子供たちの成長のため、大人は多くの事を... (Read more)

明日の農業

食料自給率 日本の食料自給率は、1965年には73%ありました。 しかし2010年には39%まで落ち込んでいます。 豆類の自給率は8%とほとんど輸入に頼っている のが現状てす。 日本ではますます農業問題が深刻化しています。 その原因は農業従事者の高齢化と後継者不足です。 農業従事者の平均年齢が65.8歳、... (Read more)

食の安全から考える日本の農業①

あるシイタケ農家のお話です。 販売業者から「おたくのシイタケは日持ちが悪い。 外国のシイタケだったら一ケ月はもつのに」と言われたそうです。 でもちょっと待って下さい。 自然の力で一ケ月もつシイタケって、本当に存在するのでしょうか。 私たち消費者は有機栽培や無農薬・低農薬栽培がいいと言い、 なおかつ曲がっ... (Read more)

食の安全から考える日本の農業②

残留農薬 残留農薬をしっかり洗って除去する。 それは正しいことですが、根本的には間違っていると思います。 植物同士で相性がよく生育にもいい影響を与え、害虫をよせつけないコンパニオンプランツというものがあります。例えばトマトにバジル、ラディッシュにネギといった組み合わせがあります。農薬を使わないようにそういった... (Read more)

食農と地産地消のススメ

食育 戦後の生活スタイルの変化に伴い、日本人は米食が減りパン食が増えました。 2012年の小麦の輸入量はおよそ560万トンにのぼります。 家族で食卓を囲む時間が少なくなったことで、食事作法を教わる機会が減り、 お箸の持ち方や食べる順番を知らない子供も増えてきています。 また、スーパーでは野菜や果物が季節に関係... (Read more)

世界と日本の農業

アメリカ アメリカは第二次世界大戦後、国内で余った小麦を 日本や発展途上国、ヨーロッパなど外国へ提供をしていました。 農業を分業化させ工業化を促すことで、 より効率的な生産方法をアメリカは追い求めていきました。 その結果、一農家当たりの農地は広がり、農家の数は減りました。 そして今アメリカで作られた食材で、... (Read more)

農(ファーム)から食(テーブル)まで

距離 農産物が生産された農(ファーム)地点、農産物が消費された食(テーブル)地点、 今日食べた農食2点間の距離は近いでしょうか?遠いでしょうか? 直線でしょうか?どこかを経由しているでしょうか? そしてその線ははっきり見えていますか? 農(ファーム)から食(テーブル)までの道のりは食材によっても様々で、 も... (Read more)

農と人をつなぐ

GNPに占める割合は2% 農業が日本のGNPに占める割合は2%ほどになっています。 農業は汚い・きつい・危険・かっこ悪い・稼げない・・と若者が離れ、 今日本の農村は高齢化・過疎化に拍車がかかっています。 農業従事者の2010年の年齢構成は65歳以上が61%、60~64歳が13%、50~59歳が15%、40~49... (Read more)

農業と医療

「医」と「農」をつなぐプロジェクト 農林水産省では「医」と「農」をつなぐプロジェクトがありました。 自分たちで作った農産物を医療現場や福祉施設で食べてもらいたい。 自分の農地を、治療やリハビリのために患者さんや障害者の方たちに 使ってもらい、農業も教えていきたい。 そういった「医」と「農」をつなぐモデル事業を... (Read more)

農業のビジネス化

転換期 日本の農業は転換期を迎えています。 一次産業にとどまっていた農業を、嗜好や質など多様化するニーズに対応できるようにとビジネス化が進んでいます。 農業生産法人の設立や農産物の直売所の開設、植物工場の建設や企業の農業参入です。 法人経営体数と農地面積全体に占める法人の農地利用面積の割合は、2000年の5... (Read more)