耕作放棄地と取組み、福祉等

現在、農業に従事する人口は65歳以上が全体の60%以上と高齢化が進んでいます。その上新しく就農する若者も少ないため後継者もおらず、現在の農業従事者が引退するにつれて耕作放棄地が増えている状況です。耕作放棄地が増えると、食料自給率が下がることによって輸入に頼る割合が増え、食糧危機へのリスクが高まります。また、雑草や害虫が増えることによる周辺農地への悪影響や、野生動物の活動範囲が広がることによって、猪や熊などの動物が人の生活するエリアに出没するケースも増えます。
そんな耕作放棄地問題を解消するために、様々な取り組みを行う農業公社や民間企業などが徐々に増えてきています。福祉の分野でも、農作業が障害者にとって身体的、精神的にリハビリ効果があるとして、就労活動に農業分野の仕事を取り入れ、障害者の就労促進と農業の高齢化や労働力不足の問題に対応しようとする動きが増えてきています。ここでは、「耕作放棄地と取り組み、福祉等」についての記事をご紹介しています。

年々増えていく耕作放棄地

wheat-in-the-hands_21024277

65歳以上が全体の60%以上 近年農業と聞くと、都会に住む人や土地を持たない人たちが、郊外に市民農園などを借りて農業をするとか、自宅の庭を開墾して家庭菜園をしているとか、家族ぐるみで楽しく野菜作りをしている微笑ましい話をよく聞きます。こういう形でも農業に携わる人が増えたことはとても良い事ですが、その反面地方などで農業... (Read more)

耕作放棄地解消への取り組み

gum11_ph10086-s

農業公社 年々減っていく農業の担い手、増える耕作放棄地や遊休農地など、農業というとあまり将来的にも明るいイメージがないように感じてしまいます。 そんな農業のいろいろな諸問題を解決するため各地に農業公社があります。 一般財団法人 社団法人、公益財団法人 社団法人と法人の区分はそれぞれですが、農業者 農業関係団体 ... (Read more)

生産者の手から消費者の手へ

a0027_001355

流通経路 農家が作物を作りその作物が消費者に届くまでの流通経路はいろいろあります。 農家―地域のJA(選果場)-卸売市場-仲卸業者―小売店―消費者というのが一般的なルートで、野菜の70%前後、くだものの50%近くがこの卸売市場を経たルートで取引きされています。重量単位での取引になるので、大量収穫 大量出荷の農家にと... (Read more)

伝統を守る若い力

a0002_002586

伝統を守る若い力 農業では若い世代の担い手が少なくなってきていて、農業の将来性への不安が年々増しているのが現状のようです。 そう言われている中、全国にはその土地ならではの伝統的な作物を守るためにがんばっている、20代 30代の若者が集まる地域もあります。 親たちが、手のかかる作物にこだわりを持ちながら作っている姿... (Read more)

農業と福祉の関係

china_farm_rural_216456

労働力不足 近年の農業の高齢化や労働力不足の問題に対して、福祉分野が農業への取り組みを推進することで、こうした問題を改善、解決に向けていこうとする動きが増えてきています。 社会福祉法人は、農作業が障害者にとって身体的、精神的にリハビリ効果があるとして就労活動に農業分野の仕事を取り入れ、障害者の就労促進と農業の問題に... (Read more)

一番身近な新鮮野菜

IMG_4918-600x400

農業のなかでも一般の人が一番身近で親しみやすいのが、家庭菜園やプランターでの野菜作りです。 小学校の授業でも田植えを経験したり、さつまいもやジャガイモを栽培したりして土に触れる事や、命ある作物を育ててそれをおいしく食べるという食育が取り入れられています。 家庭菜園で野菜作りを始める場合、最初は比較的初心者でも育... (Read more)