人手不足を補うこれからの農業

TPP、地産地消、6次産業化。近年急激に関心が高まる農業界。人が生きていくために必要な衣食住の中で、「食」は必要不可欠なもの。長寿大国の「食」を支えてきたのは、農業法人や個人農家などの生産者です。しかし、日本の農業界は「人材」という観点で大きな転換期を迎えています。例えば農業従事者の高齢化が挙げられます。現在の農業従事者の平均年令は60歳を超えており、労働力不足や担い手不足による耕作放棄地の増加、農業人口の減少が大きな課題になっています。一方で、これらの人不足を補う為に各地域、各団体、各農家毎に、様々な取り組みが行われています。また、若い新規就農希望者が増加していることや、企業の農業参入による地方の雇用増加など、農業界にとって今後の可能性も見えてきています。いずれにしても「農業で生計を立てたい」「農業で独立したい」といった方々による農業転身が今後の農業界を明るくすることは、想像に難くありません。

後継者不足から見る今の農業の問題点

a0002_002581

深刻な後継者不足 農業と言うと、貴方はどの様なイメージを浮かべるでしょうか、きっと多くの人は、貧しさや重労働による辛さ、汗と泥にまみれると言ったネガティブな印象を抱くと思います。 農業には、食糧の生産を行い、社会と経済の安定を担う重要な役割が有るにも関わらず、残念な事に、現在の日本の農業には、その様なイメージが... (Read more)

人手不足を補うこれからの新しい農業と、その問題点について

farming_2686303

近代的な農業への転換を進める 農業従事者の高齢化と後継者の不足、さらには外国産の安い農産物の輸入増により、現在の日本の農業は大きな危機を迎えています。 特に安い農産物の輸入増は大きな脅威で、その煽りを受けた為に国内の農家が離農を余儀なくされてしまったケースも多く見受けられます。 この問題に対しては、様々な意見が存... (Read more)

原油価格高騰の対策と技術開発

agriculture_wine_vineyard_224655

高騰を続ける原油価格に対する対策方法 高止まりをしている原油価格が下落をする可能性は当面低いと見られます。 しかし、農業を営んでいく限りは、ガソリンや軽油と言った化石燃料に依存をする体質は無くならないのです。 その為、農業の現場で出来る方法として、化石燃料に頼った農業のあり方を抜本的に見直すか、出来る限りの所で原... (Read more)

農業プラスアルファの経営のあり方

a0002_002559

農家のイメージと多角化経営の歴史 農家のイメージとは、農業のみ行っていると言う考え方が広く行き渡っています。 確かに農家とは、米・野菜・果物・畜産物を育て、そこから生計を立てています。 ですが、それは自然が相手の仕事になる為、天候や病害虫の発生等のリスクが付きまといます。 そこで農家は、農業以外、あるいは農業を... (Read more)

農業をもっと楽しもう

a0001_009218

農業は楽しみながら稼ぐ 私達にとって仕事をする、お金を稼ぐと言う事は、とても大変な事です。 しかし、その中にあっても仕事をする事の楽しみ、喜びがあるだけでもモチベーションが大きく変わって来るのです。 それは農業にも当てはまります。 農業の楽しみ、それはお金を稼ぐ事以外にも、自分の手で生命を育て上げ、そしてその成... (Read more)

農業と食育について

veg210-s

食や農業に対する無関心 子供と料理をする時に、野菜の知識や雑学を子供に教える事が出来ない親が少なくないと言う話が有ります。 野菜だけでなく、毎日戴くお米がどの様にして生産され、食卓に上るのかをしっかりと説明出来る親も少なくないと言われています。 子供の将来を考えても、学校から教わる教科のみ習得しても、お米や野菜の... (Read more)

農業と農薬の問題について

veg212-s

農薬を使うべき理由とは スーパーの陳列棚に並ぶ色とりどりの野菜や果物、しかし多くの消費者は、その生産過程で使用をされてきた農薬については、あまりよく知らないのが実情なのです。 農薬と聞くと、危険な薬と言う風に一般では認識をされており、事実、農薬はどれをとっても多かれ少なかれ人体に有害であり、農作業で使用する側も完全... (Read more)

TPPから考える日本の農業の問題点①

a0001_009200

TPPの長所と短所 TPP(環太平洋パートナーシップ)の議論が連日多くの報道機関やインターネットを介して報道されています。 TPPを簡単に説明しますと、協定を結んだ国家間において関税や様々な規制を取り払い、物・金・サービスなどが、あらゆる形で国境を越え、私達の生活に入り込むようにする為の取り決めなのです。 TPP... (Read more)

TPPから考える日本の農業の問題点②

a0002_002576

TPPをチャンスに変えられるか TPPをチャンスと見るか、ピンチと見るかは人それぞれの立場で異なりますが、競争力の弱い日本の農業は明らかにピンチになります。 なぜならば、どの様な産業においても、生命線となるのは技術力と資金力であります。 零細で技術力の低い日本の農業は、海外の高度な技術と資金力の前には無力に等しい... (Read more)

TPPから考える日本の農業の問題点③

oats_oat_field_arable_220604

海外の農業資本との提携と技術導入 TPPの特徴は、関税の撤廃のみならず資本・サービスの自由化と言うのが挙げられ、その事が、農業の分野にどう言った影響が表れるかは議論の最中です。 しかし先日、政府は農業協同組合(以下JA)に対して、非常に大きな組織改革を迫ったのです。 これまで農業分野を事実上独占して来たJAに対し... (Read more)