家計の足しにしたい人へ贈る週末農業で収入を得る方法

挿絵1野菜を上手に作れるようになると、週末農業で副収入を得ようと思う人もいるのではないでしょうか。もちろん野菜を育てるだけでも食費の大幅な節約につながりますが、自分が育てた野菜を誰かが買っては喜んでくれ、副収入を得ることができれば嬉しいですよね。実際に週末農業で収入を得ている人も存在しますので、ぜひ見習いたいところです。そこで今回は、週末農業で収穫した野菜をどのような方法で販売ができるのか、3つの方法を紹介します。自分にできる方法を見つけてみてください。

週末農業で収入を得る方法1.無人販売

挿絵2畑の一角で見かけることの多い無人販売コーナーでは、人件費や接客の手間をかけることなく野菜を販売することができます。しかし、農家や土地を借りて農作物を育てている人は畑の横に無人販売コーナーを設置できますが、都心部などでは畑のまわりに販売できるようなスペースはなく、無人販売コーナーを設置できないケースもあるでしょう。その場合は、自宅の玄関先で農作物を販売するのがおすすめです。簡易テントを張って野菜販売ののぼり旗を立てたり、棚を設置して野菜を並べたりなど、販売していることがわかるように工夫すると良いでしょう。無人販売のデメリットは、盗難に合うリスクがあることです。防犯カメラを設置したり、お金を入れる箱を持ち出せないように、小屋と一体型にしたりなどの対策が必要です。ここ数年では、コインロッカーを設置して販売している人も見かけます。ロッカーの扉がガラス張りになっており、ひとつのロッカーにひと束分の野菜を入れておきます。野菜を購入するにはロッカーにコインを入れなければならないので、お金を払わずに野菜を盗ることはできません。ロッカーのコイン代が収入になります。盗難防止をしたい人、コインロッカーの設置費を出せる人にはお勧めの方法です。

週末農業で収入を得る方法2.直売所や道の駅

挿絵3週末農業で収穫した野菜は、直売所や道の駅で販売することができます。直売所や道の駅での野菜の販売は生産者の顔が見えるため、食の安全への関心の高まりとともに人気が集まっています。そのため、消費者のニーズが高いことから、直売所で販売できれば購入してもらえる可能性が高いです。しかし、直売所や道の駅では、もちろんプロの農家も野菜を販売しています。農作物の状態によっては販売できないケースもありますので、その点を念頭に置いて直売所や道の駅で販売してみましょう。直売所や道の駅のメリットは、まとまった量がなくても少量から販売できることです。しかし、売り上げに対して、直売所や道の駅へ支払う手数料も発生します。販売できても収入が少なければ利益にならない可能性も出てきますので、販売前の下調べがとても大切です。ほかにはどのような野菜が置いてあるのか、どんな種類の野菜が売れているのかなど、事前にリサーチしておくことも大切です。野菜を売るには、ほかの野菜よりも高品質であることが重要です。競合の少ない野菜だと売れる可能性は上がりますが、育てるのが大変になるケースもあります。直売所で収入を得るには、ある程度の戦略を立てて販売するようにしましょう。

週末農業で収入を得る方法3.ネット販売

無人販売コーナーを設置できる場所がない、近くに直売所や道の駅がないという人は、ネット販売がおすすめです。実際にインターネットで直販しているプロの農家も存在します。ネット販売のメリットは、日本全国どの場所にでも、自分の野菜を届けられることです。できるだけ多くの人に野菜を食べてもらいたい人にはうってつけの方法です。また、地元の直売所では、珍しい野菜は売れない可能性があります。しかし、ネット販売なら地域性にこだわる必要はありませんので、希少価値が高くニーズがある野菜ならば売れる可能性があります。ネットを通じておいしいと口コミが広がれば、それが宣伝になるでしょう。なお、ネット販売では、webサイトが店舗になります。すでにショッピング専門のECサイトサービスが複数ありますので、そのなかから操作がしやすくデザイン構築が簡単にできるサービスを見つけ、参考に作成してみましょう。ECサイトサービスでは、料金形態や送料の決め方、梱包の仕方、支払い方法など、ネット販売に必要なマニュアルがひと通り用意されています。販売ノウハウがない人でもECサイトのマニュアルを読めば、基本的なことは理解できるようになるのでおすすめです。

可能?不可能?週末農業で収入を得る!

果たして週末農業で収入を得ることはできるのでしょうか?100名のみなさんに、週末農業での収入の可能性について聞いてみました。グラフ1

【質問】
週末農業で育てた野菜を販売して収入を得るのは可能だと思いますか?
【回答結果】
回答回答数
思う54
思わない46

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年08月02日~2017年08月09日
有効回答数:100サンプル

お小遣い程度なら週末農業でも可能だと思う!

週末農業で収入を得ることはできると思う人が多い結果となりました。

  1. 現在無農薬野菜や生産者の顔が見られる、というのは野菜販売に置いて大きなプラスだと思うので、小遣い稼ぎ程度なら可能だと思う。(20代/女性/学生)

お小遣い程度であれば、収入を得ることは可能だという意見がたくさん挙がりました。

  1. 週末農業だけでは売れるほど大量に野菜が作れないと思うから。仮にできたとしても、販売場所を探すのは難しいだろうし、それをクリアできても週末農業にかける運営費用の方が多く採算はとれないと思う。(30代/女性/専業主婦)

野菜を作るのは難しい、週末農業で収入を得られるほど農業は甘くないという意見が多く見られました。

どちらの意見にしても「お小遣い程度なら得られる」「お小遣い程度だけしか得られない」という意見が目立ちました。お小遣い程度を収入と捉えるか捉えないかで、考え方が変わるようです。「思う」の回答でも、収入は得られても利益にならないという意見がありました。全般的に、週末農業では難しいというイメージが強いようです。

まとめ

週末農業に限らず、農業で収入を得ること自体難しいものです。しかし、お金を稼ぐことはどの職業でも大変ですよね。せっかく関心があって始めた週末農業ですから、楽しいうえに収入も得られたらモチベーションがあがるでしょう。まずは自分のできる販売方法から始めて、波に乗ってきたら少しずつ規模を広げていくのもひとつの方法です。何より自分の作った野菜が売れたときの喜びは、何物にも変えられません。おいしい野菜を食べることができて、食費の節約にもなり、さらに収入を得ることができれば言うことなしではないでしょうか。

関連記事:働きながらできるのが良い!週末農業のメリットと週末農業でできること