ドロップシッピング*農業は可能か?

yasai13fドロップシッピングとは

最近、さまざまなネットビジネスがインターネットやウェブサイトを介して行われていることは前項で書きました。その中で、ドロップシッピングというネットビジネスが存在しています。これは、個人が商品販売用ホームページを作って商品を宣伝、販売し、発送や入金確認、在庫の管理は販売者が行うという、一部販売委託ビジネスの様なもので、商品が売れるごとにそのホームページを運営する個人が報酬をもらえるというビジネスです。中には、初期手数料や継続するにあたり手数料などが無料、または低額のものも多く、現在人気のネットビジネスとなっています。在庫を持たなくて良いのと、誰でも手軽に始められるのが売りのビジネスです。

農業でのドロップシッピング活用

ただ、ドロップシッピングには魅力のある商品がドロップシッピングプロバイダーから提供されていなかったり、品目が少なく売れない、最低販売価格が設定されているため競争がしにくいなど、多くのデメリットも存在します。しかし、これを農業に当てはめた場合、前述のネットショップやアフィリエイト、マッチングサイトなどと同様の広告、販促効果を狙えるのも事実です。そもそも農家は大きな営業力や企画力を持った人が少ないので、これらの活用は非常に有益であるといえます。売れた場合の報酬も、直卸しに出来るので、販売価格も農協に卸すのよりは大きくなりますので、その分を広告費としてドロップシッピングをすることも可能です。広告戦略が重要なこれからの農業で、比較的簡単に、ネットビジネスを利用して販路を拡大することも、また農業の衰退を食い止めるひとつの手段といえます。これらの、ネットビジネスによる広告や販売代行を利用するのと、一般的な商品プロモーション、販路の拡大は大きな利益を生む可能性をはらんでいるといえるでしょう。さまざまな手法を組み合わせて、効率よく農業をプロモーション、販路拡大していきましょう。