農業アウトソーシング

toukibi人手不足の農業

現在、日本の農業の抱える問題のひとつに、少子高齢化や労働者人口の減少による人手不足があります。都市部への人口の流入や、農業の不人気、高齢化による農業の廃業など原因はさまざまですが、慢性的な人手不足を抱える農業は存続自体も危ぶまれてしまうほど深刻な状況です。これらを解消するためには、そもそも農業自体が収入面、待遇面、環境面で多くの人に歓迎される様な改革が必要ですし、そもそも農業自体を余り理解していない人も多いので、その人たちに農業でどうゆう作業、仕事をするのかを教えていく必要もあります。また、いきなり農家として生計を立てていくことは非常に難しいことでもあり、先述した農地、農業設備機器レンタルなどのサービスが無いと農業起業は厳しい状況でもあります。また、農業自体を志望する人と、農業の雇用の需要がうまくマッチングしていないのも現状である問題のひとつと言えそうです。

農業アウトソーシング業

そこで、農業専門の派遣業、人材紹介業が有用になってきます。都会ではさまざまな雇用のニーズに合わせた人材派遣、人材紹介業が存在しますが、これを農業にも取り入れていくべきであると私は考えます。専門の職業であるだけに、入り方や農地運営の方法など難しい点は多々あるかと思いますが、そのような人材紹介業を通じて、農家の方が人を雇い、農業のノウハウやコツ、農地運営、卸しに関する方法をレクチャーしていくといったことも、新しい農業での人材育成にはとても重要なことであると言えます。また、こういったアウトソーシング業と併せて、農地レンタル、農業機械、設備リースといった事業を組み合わせていくことで、より多くの人が農業に従事しやすい環境ができてくると言えます。このようにして、多くの人に門戸を開くことが、慢性的な人手不足に悩まされる農業の実態を打破するチャンスになってくるでしょう。