環境の違いによって起こる影響とは

a0001_009200田舎と都会では農業を始める条件にどんな違いがある?

農業は、地方のみのものではありません。都会でも農業従事者の姿があります。ただし田舎と都会では、農業にどのような違いがあるのかが気になるところです。農業を始める上で、田舎や都会で異なる条件について、説明します。

田舎と都会で異なる農地の事情

同じ日本国内であっても、田舎と都会では街の様子が大きく異なります。農業においても、どこで仕事をするかで条件が変わってきます。田舎と都会で異なる条件として、農地があります。都会は土地資源が限られている事情があります。多くの土地需要があるため、土地価格の相場は高いです。そのため、都会で農業を始めるにあたり、土地の確保に大きな資金を必要とします。都会で農業に従事している人は、先祖代々農地を引き継いでいるという場合がよくあります。新たに都会で農業を始めようとすると、農地の確保が大きなハードルです。一方で地方は広大な土地があり、市街地を離れれば購入価格も低いです。都会でも農業は始められるものの、これから農業経営を始めるというのであれば、土地確保のコストに関して田舎の方が有利です。ただし田舎でも、農地に適した優良な土壌の土地は簡単には見つけられません。田舎であるからといっても、土地選びは重要な課題です。

田舎と都会で収穫量や栽培方法の違いはあるの?

農業を始める環境により、収穫量や栽培方法に影響があります。それは、田舎や都会などの環境の違いにも表れるものです。農産物の収穫量は、作付面積により左右されます。広い農地で多く作物を育てるほど、一度に収獲できる量は増えます。農地が限られている都会では、収穫量に限界があります。そのため、限られた収穫量で利益があげられる作物を選定する必要があるでしょう。商品価値の高い作物やあるいはブランド力がある作物ならば、田舎の農業と比較しても、得られる利益の差を埋めるのは十分に可能です。農産物の栽培法方に関して、周りに自然があるかどうかは重要です。農作物が育つ際には、昆虫など自然の生物が関わるケースがあります。農地の周囲に自然が少ない都市部での農業であると、作物を育てるための工夫が必要です。このことから、田舎での農作物の育成方法が、都会において必ずしもそのまま通用するものではない点につき、十分に理解が必要です。

田舎の農業で気を付けたい風水害とは

農業は、多くの自然災害の影響を受けます。場合によっては、農作物が自然現象により被害を受けることも多々あります。田舎の農業で気をつけたいのが、風水害です。作物が育つ上で風や水は不可欠な存在です。しかし度が過ぎると、作物を台無しにしかねません。田舎は広い農地がある一方で、周囲に遮るものが何もありません。そのため、強い風による被害を強く受けがちです。成長段階にある作物が地面に倒れてしまうと、実を結ばなくなったり、あるいは商品価値の著しい低下を招きます。農地の近隣にある川が氾濫し、田畑が水浸しとなることも珍しくありません。特に台風の多い季節になると、農業従事者にとって、農作物への風水害が心配です。もし大きな風水害が予見されるようであれば、風や雨から作物を守る対策が必要です。都市部の場合には、周囲に風を遮るものが多く、また排水設備が整っている場所が多いです。地方に比較すると、都市の農業では風水害による被害は限定的です。