学校やセミナーに行くことのメリット

gum08_ph05016-s知識がなくても大丈夫!?農業経営が学べるサービス

これから農業をやりたいと思っていても、農業の知識がないと不安になるのではないでしょうか。実際にそんな知識がなくても、農業経営が学べるサービスがあるのをご存知でしょうか。学校やコンサルティングサービスなど、初めての人でも学べるサービスがあります。

農業経営の基礎が学べる学校とは

農業経営の基礎を学ぶには、農業系の専門学校がおすすめです。農業の栽培技術と農業ビジネスを一緒に学ぶことで、今後の農業経営のことが少しでもわかってきます。学校で農業経営の基礎を学べば、JAの職員として働くことができたり、農業生産法人や農業関連の商品を扱う会社を立ち上げたりと、将来的に農業に関わることができるのです。学校で学ぶということは、資格も取得できるのです。農業系の資格としては、日本農業技術検定をはじめ、農業機械の操縦に関わる免許や食品衛生に関する資格、販売士などの資格を取得することができます。農業にも種類があり、野菜・水稲・果樹などの種類があり、これらを幅広く学習してから今度は自分の興味がある分野を学習するという方法もあります。学校のカリキュラムには実習があり、農業の知識を学ぶだけでなく、実際に栽培に関わってみて農業の本質を体験します。季節や地域ごとでの農業のあり方を知ることで、今後の農業経営に生かすことができます。

農業のノウハウを知る近道!コンサルティングサービス

個人や法人を問わず、農業経営はそう簡単にできるものではありません。農業はノウハウがなければうまくいきません。個人が初めて農業経営をする場合、また企業が農業に関する事業を始める場合においては、コンサルティングサービスを活用することがおすすめです。個人が農業経営をする場合、自分の農場をどのように運営していくかをコンサルティングサービスで検討し決めていくことができます。将来的に農業法人を立ち上げる場合は、経営戦略の立案や人材育成に関しても検討していきます。企業が農業経営を始める場合は、企業にとって非常に力が入るものだと思います。これまで農業に関わりがなかった異業種の企業でも農業経営を行うこともあります。食品関連会社が農業経営をすることは、原材料の調達や産地の開拓などに大きく活用することができます。コンサルティングでは、農業経営の事業戦略を立案するのはもちろん、新たに参入するときは事業を行うエリアの選定や生産する食物などについても決めていきます。

パートナーが見つかりやすい!?農業経営セミナーの活用

短期間で農業経営に関することを学んでいきたいと思ったら、農業経営セミナーに参加することがおすすめです。農業経営セミナーに参加することで、今後の農業で活躍できるリーダーを目指すことができ、ともに活躍するパートナーが見つかることもあります。農業経営セミナーでは、大学教授や農業経営者などが経営戦略や農業のノウハウなどを講義します。初日ではオリエンテーションから始まり、農業経営者の役割や求められる経営力などについて学んでいきます。その次の日からは、経営計画の立案方法や経営分析、スタッフマネジメントなど、主に経営に関することを中心に学んでいきます。日程の中にはグループワークがあり、セミナーで学んできたことをもとにグループ内で農業経営に関する取り組みを行っていきます。後半からは農業経営の本質を知ることができます。農業経営者の講義や体験談を聞き、各自の農業経営に生かせるように取り組んでいきます。セミナーでは、実際に知らないことも知ることができるので、参加する価値はあります。