農学部の将来性

a0002_002557キャリアについて考えよう!農学部卒業後の就職先とは

農学部では専門的な農業の知識を勉強することになるため、これから新しい日本の農業を改革することにもつながっていきます。色んな知識を得ることで品種改良などにも貢献できるでしょうし、幅広く新しい農家のスタイルができます。

農学部出身の公務員への道

農学部では日本や海外の農業のスタイルや食物など品種改良について研究したり、農業の専門的な勉強ができるので就職先なども幅広く受け入れられています。農学部卒業で公務員として就職する場合、農林水産省や農政局や地域の公務員として働いたり、農業高校の先生など幅広く公務員として勤務することができます。日本の農業も最近は見直されているので農業に関心がある若者も沢山いますし、農業高校や農学部など人気もでているのでやはり専門的知識を持っていると働くことができるのでキャリアとして幅が広がっていきますし、これからの日本の農業を開拓していくことにもなります。今までとは違った農業のあり方を指導することもできますし、公務員として地域に根付いた人材として勤務することもできます。色々と幅広く勤務することができるので自分にあった仕事を見つけることができますし、安定した仕事として知識を活かしながら働くことができるようになります。

農学部出身の民間企業への道

大学は農学部出身という方も多々いらっしゃるでしょう。民間企業への就職先も農学部で得た知識を活かして働くことができる肥料や種など販売している会社へ研究員として勤務することもできます。企業へ就職した後も品種改良など日々研究している方も沢山いらっしゃいますし、やはり専門的な知識が必要になるため優れた人材を募集しています。農学部も経営など農業経済を勉強する学科もありますし、農学部といっても幅広くあるため就職先においても経営や経理など農業に関わる経理など就職する方もいらっしゃいます。バイオテクノロジーなど最新技術が必要な就職先へ入社する方もいらっしゃいます。農学部といっても大学で勉強する内容も様々なので、やはり大学で得た知識は何かと重要になるので就職先はしっかりと自分にあった、やりたい仕事かどうかを判断して就職することは必要になります。日本の農業はこれから進化していくので新たな人材は確保しておきたいはずです。

農学部出身者の平均年収はどのくらい?

やはりきになるのは農学部出身の平均年収ではないでしょうか。まず大学卒と大学院卒によってお給料にも違いがあります。農学部卒業で研究者として勤務した場合、やはり技術系の知識を持っているとお給料は事務職に比べ高い傾向にあります。研究職として勤務すると手当てなどつくこともありますし、やはり独自の知識を持っている方は平均年収も高い傾向にあります。大学で学ぶ知識は入社後にも発揮できる場も沢山設けられていますし、研究職としても重宝されるためバイオテクノロジーの知識や品種改良、水栽培なども最近は注目されているため、日本の農業も変化しているのは事実です。土壌に植えるスタイルも変化し、水栽培など特殊な技術を用いて食物栽培ができるようになっていますし、コストを抑えることができるので日本の農業も見直しされています。土壌で育て、ハウス栽培などはコストも増加するため最近は、費用を抑えた最新の農業技術に注目されつつあります。