農業に必要な資格とは

yellow_grain_206740農業で活かせる資格と必須資格

ビジネスの分野では、資格の取得が仕事でなにかと有利です。それは農業でも同様です。農業に向いた資格があり、取得すると仕事がはかどります。農業で活かせる資格や、取得が必須な各種の資格などについてご紹介します。

農機を運転するために必要な資格とは

農業が近代化したことにより、効率よく大量の農作物を生産できるようになりました。農業の近代化の立役者であるのが、作業を効率化する農機の存在です。農機をうまく使いこなすのが、現代における農業のスタイルです。また農機によっては、資格を取得しなければならないものもあり、事前の準備が求められます。農業で応用範囲が広いのが、普通自動車の運転免許です。農業で作物や資材の運搬に、軽トラックが頻繁に用いられます。軽トラックの公道での運転には、普通自動車の運転免許が必須です。その他、農作業でよく使われる専用の農機として、トラクターやコンバインといった乗り物があります。これらの操縦には特殊自動車の免許が必要です。特に、広い農地で作業を行う場合、大型のトラクターやコンバインが必要となり、この場合には大型特殊自動車の免許取得が条件です。さらに農機具は牽引タイプの機器も数が多いため、牽引免許の取得がなにかと役立ちます。

危険物や毒物も扱えるような資格とは

農業では作業のために、危険物や毒物を扱わなければならない場面が出てきます。例えば、大きな規模のビニールハウスで作物を育てる場合、室内の温度管理のためボイラーを用います。ボイラーの管理には、ボイラー技士の資格取得が求められます。加えて、ボイラーの運用には燃料が不可欠であり、ガソリンなどの可燃物を取り扱う際には、危険物取扱責任者の資格が必要です。その他、農業にとって付き物であるのが、農薬です。作物を効率よく育てるためには、除草やあるいは病気予防などの効果を持つような、各種の農薬を用いるのが定番です。しかし農薬は便利な反面、扱い方を誤れば重大な結果を招きかねない劇薬が多いです。このことから、農薬の扱いについて、毒物劇物取扱責任者の資格を要します。農作業における農薬の使用だけにとどまらず、普段の管理においても、責任者として資格と適切な知識が求められます。農作業で資格が必要となる前に、取得しておくと仕事がはかどります。

栽培に特化したスキルが習得できる資格とは

農業で活用できる資格には、農作物の育成に関わる資格も存在します。例えば野菜栽培士は、農業に向いている資格の一つです。野菜栽培士は、野菜の農作物を育てる上で必要な知識が問われる資格です。各種の野菜の栽培には、それぞれに適した育成方法が存在します。より品質の高い野菜の栽培のためには、野菜栽培士の資格を取得した方が有利です。この資格では農業の流通や、有機農法あるいは低農薬農法などの知識もカバーできます。また米作りに携わっている農業従事者の場合には、水田環境鑑定士の資格を取得するのも方法です。米を収獲するためには、水田が欠かせません。しかし近年、水田を取り囲む環境が悪化しています。水田環境鑑定士の資格では、水田の環境をチェックし、安全な米を栽培する能力を認定します。米作りに既に従事している農家でも、水田環境鑑定士の資格取得から学べる知識は多いです。これらの資格は仕事で必ず必要なものではないものの、より良い農業のために役に立ちます。