あぐりナビの
「外国人技能実習生サービス」

当社サービス 3つの特徴
1日本語スキルの高い実習生を採用できる!
2農業に関心ある意欲的な若者を採用できる!
3専任の日本人スタッフがノウハウを提供!

これから検討される方も、過去に失敗した方も
ぜひお気軽にご相談ください。

あぐりナビの「外国人技能実習生サービス」

労働力不足に悩む全国の農家のもとで、貴重な戦力として、すでに多くの外国人技能実習生が活躍しています。
一方で、外国人技能実習制度は、実習生と企業(農家)とのミスマッチ、コミュニケーションの壁など、課題の多い制度でもあります。
当社では、農業特化の人材事業を専門に行ってきた経験を活かしてミスマッチの無い外国人技能実習生雇用を創出すべく、2016年より農業専門の外国人技能実習生サービスをスタートし、すでに数多くの農家様にご利用いただいております。

外国人技能実習制度とは?

外国人技能実習制度は、日本の企業(農家)においてカンボジアやベトナムなど発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、実際の実務を通じて技術や技能・知識を学び、帰国後に母国の経済発展に役立ててもらうことを目的とした公的制度です。
技能実習生の受入れを希望される企業(農家)は、協同組合等の監理団体を通じて実習生を受け入れることができます。入国した実習生は受入れ企業(農家)と雇用関係を結び、3年間もしくは5年間の技能実習が可能となります。技能実習生は、日本の労働基準法に基づいた雇用契約の下で雇用します。

外国人技能実習生の採用メリット

1.農作業員の確保
日本は少子高齢化による労働人口減少の一途を辿っています。農業界では特に顕著になっており、日本人若年層の離職率は高い状態がずっと続いています。こうした問題を技能実習制度で解決し、安定した人材確保が見込めます。
2.人材育成などのコストを削減
教育に時間やコストをかけて育成しても離職率が高ければ無駄になってしまいます。外国人技能実習生は有期期間雇用となりますが、3~5年という長い期間安定して活躍してくれます。
3.技能実習生がもたらす農場の活性化
農業を勉強したいという意欲のある実習生が来ることにより、組織の雰囲気が明るくなります。素直でハングリー精神があるため、日本語学習や現場作業等に積極的に取り組む姿勢が組織全体に良い影響をもたらします。

弊社サービス 3つの特徴

1.日本語スキルの高い外国人を採用できる!
イメージ画像日本人が常駐する日本語学校で、日本語を学んでくるので、日本語レベルの高い外国人技能実習生を採用できます。
2.農業に関心ある意欲的な若者を採用できる!
イメージ画像学校の側に農場を併設しているため、農業に関心のあるカンボジアの若者が集まってきます。意欲のある若者が農場の雰囲気を良くします!
3.専任スタッフがノウハウを提供!
イメージ画像実習生制度に精通した日本人スタッフ(提携機関)が、皆様の元を直接ご訪問し、制度や流れ、ノウハウなどをご案内します。
■技能実習生の「送り出しの仕組み」
技能実習生の「送り出しの仕組み」
■なぜカンボジアか?
カンボジアの地図 カンボジアは、面積が日本の約半分弱、人口は約1,500万人というアジアの国です。平均年齢が24歳と若年層が圧倒的に多い国です。治安も良く心の豊かさがある国と言われます。

日本で学び働きたいというカンボジアの若者は年々増加傾向にあります。カンボジアにおいて日本は最大の援助国であるため、笑顔を絶やさず、喜びと感謝を持って技能実習に励んでくれています。

イメージ画像
■受け入れた企業(農家)様の評価は?
実際にカンボジアの技能実習生を受け入れている企業(農家)様からは、彼らの「協調性」に代表される性格の良さや勤勉性など、大変ご好評を頂いております。

※ベトナム人のご案内も可能です。

よくある質問

Q.受け入れ可能な農業分野は?
農業関連分野としては、以下の業種では受け入れが認められています。
■農園分野:野菜、畑作、果樹、花卉
■畜産分野:酪農、養豚、養鶏
■その他:加工場、肉牛(場合により認められる業種)
(平成29年6月末日現在 ※最新情報は厚生労働省HPで確認頂けます)
Q.技能実習生の取り扱いは?
受入れを実施される企業様と雇用契約を締結します。技能実習計画に沿って、日本人社員と同様に仕事ができ、早朝勤務や夜間勤務、残業も可能ですので、基本的に日本人を雇用する場合と同じ扱いが可能です。
また、各種保険についても日本人雇用と同様で、作業中の事故の扱いは労災保険となります。給与条件も最低賃金法が適用となります。
Q.技能実習と労働の違いは?
技能実習とは「技能・技術、又は知識を習得する活動」です。技能実習生に支払われる費用は、労働対価としての費用となります。技能実習生は労働基準法に定められた労働条件の下、技能実習を行うことが可能です。
Q.技能実習生はどのように選抜するのですか?
面接には下記の方法から選択頂けますので、状況に応じた採用が可能です。
【1】受入れ企業の担当者様が現地にて最終面接試験を行う
【2】インターネットを利用したテレビ電話で面接する
【3】専任の運営スタッフに面接を依頼(委任)する
Q.日本語でコミュニケーションがとれるか
心配があるのですが?
日本語スキルは個人差こそございますが、入国前に現地で日本語や日本の習慣などを学習してきます。また、入国後にも仕事を通してどんどん言葉を吸収していきます。配属後は実習生たちの様子を確認する義務がありますので、しっかりサポート致します。
Q.受入れ時の注意点を教えてください
育った環境・文化の違いによる勘違いなどから、互いに不安になってしまうこともありますので、日本人スタッフ同様に、コミュニケーションをしっかりとることが大切です。
Q.実習生の住まいは?
企業(農家)様でご用意頂きます。実習生は入国時家電製品を持って入国するわけではありませんので、最低限、生活に必要な生活必需品(電子レンジ、布団、テレビ、炊飯器、調理器具、ガスコンロ、自転車、風呂はシャワーがあれば大丈夫です)の整ったお住いをご用意下さい。家賃については実習生が企業様から支払われる給与の中から引き落としてください。

→その他、様々な事例がございますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせから採用までの流れ

1.当社へお問い合わせ
お問い合わせご質問やご要望など、簡易ヒアリングをさせて頂きます。
2.サービスのご案内
ご案内現地や実習生に精通した日本人スタッフ(提携機関)より、お電話にてサービスのご案内をいたします。
3.訪問・お打合せ
お打合せ 直接訪問させていただき、お打合せにて詳細な条件等を相談させていただきます。
※場合により複数回ご訪問させていただくこともございます。
4.面接(選抜)
面接テレビ電話や現地訪問など採用方法をお選びいただけます。

その後の流れも丁寧にご対応差し上げますので、なんなりとお申し付け下さい。

お問い合わせフォーム

※お電話でのお問い合わせも承っております。

03-6304-5722
(営業時間:平日10時~20時)

03-6304-5722 (営業時間:平日10時~20時)

お名前 (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容



その他(自由にご記入ください。)

プライバシーポリシーに同意して

ページ
トップ