『仲間となる、あなたに! 僕なりの理想を追求してきた。本当の農業ってなんだろう?本当の食べ物って何なんだろう!?』
所在地 滋賀県野洲市比留田2458番地
会社名 中道農園
代表取締役 中道 唯幸
事業内容 無農薬有機栽培や自然栽培(無施肥無農薬栽培)のお米の生産と、 玄米、発芽玄米、白米の販売業務
規模 自然栽培の面積約2.1ha
有機栽培の面積約19haあまり(内1.2haが無窒素栽培)
減農薬栽培の面積約16ha
従業員数 8名(パート含む)
求人URL https://www.agri-navi.com/s/?post_type=fudo&p=12965

【園長・中道(なかみち)が目指す農業】

仲間となる、あなたに!
僕なりの理想を追求してきた。本当の農業ってなんだろう?本当の食べ物って何なんだろう!?
僕はこの40年、僕なりの理想の農業を追求してきた。結果は失敗の連続だった!
始めた頃は、田んぼには「稲」以外の存在を認めなかった。草や害虫など、当然ダメ!農薬の使用は不可欠!結果としてそれが農薬で自分の身体を壊すことになった。

親父が早く亡くなって、僕が園長になったとき、僕の身体もボロボロ・・・借金は農家としては桁はずれ!途方にくれた。このまま面積を広げれば農薬の使用量が増え、さらに体を壊す。何が何でも無農薬の技術を身に付けるしか、生きていく道がないことを知った。
有機農業界で有名な先生や先輩たち、どの都道府県であろうが厚かましくも教えて欲しいと、押し掛けた。そんな僕にも関わらず先輩達は快く色々と教えてくれた。
出会ったばかりの僕に先輩方は、この技術にたどり着くまでにとても苦労しているはずなのに、なぜ丁寧に深く教えてくれるのか、疑問になって先輩に直接聞いてみた。
「全く無知な君でも、いずれ技術を習得するだろう。そして、いつか君の所にも、新人が技術を学びに来るだろう。その時、君の見つけた技術も付け加えて、新人に教えられる人物と信じたからだ」と言われたんだ。

先輩たちは、仲間が欲しかったんだ!「優れた農法を拡げたい、そして未来に繋げたい」そんな思いが先輩達にあったんだ。(いまになって僕も先輩の気持ちがよくわかる。)
※、現在、国内農家さんの見学のみならず、中国や韓国からの技術指導依頼もある。

また、数社の農業関連企業との協力により新たな技術開発にも協力している。

例1) 有機水田には、特に水管理は重要な要素。
積水化学さんNTTさんとの共同開発 水田水管理システム
https://www.youtube.com/watch?v=TX_sT8DPPw0

例2)有機稲作の技術と、最先端NDVI技術の融合。
https://www.youtube.com/watch?v=DH0BQqzntzc
(中道農園の大区画圃場や園長登場!)

【自然栽培のお米をさらに拡げたい】

現代の食生活は、多種多様な形でストレスを浴びている。
食糧の生産現場では農薬の使用、食品加工では多種多量な添加物、食卓では噛む回数が極端に少なくなり、味の濃いものが好まれるようになってしまった。

そこで僕が注目したのは、小さな子供達です。
未来を担う彼らだけでも本来の食材の味を知ってもらいたい、本来の日本食を知ってもらいたい。
そんな思いで、自然栽培や有機栽培のお米を育て拡大生産したいと考えています。

-参考データ-
中道農園の栽培面積の比率 2017年
自然栽培の面積約2.1ヘクタール
有機栽培の面積約20ヘクタールあまり
減農薬栽培の面積約16ヘクタール
(今後、有機栽培の面積の拡大はもちろんのこと、自然栽培の面積を戦略的に拡大していく計画である。)

主な動き
2017 滋賀県有機農業推進協議会委員
2017 スイスコープへのJAS有機コシヒカリ輸出開始
2016 ダイヤモンドECデザイン大賞受賞
2015 第12回OSMC全国実践会農業革新賞受賞
2013 第七回 日本一おいしいお米コンテスト優良金賞受賞
2012 アグリフードEXPO 輝く経営大賞 受賞

メディア紹介例 多数 参照ページ
 https://www.ocome.com/media/

写真紹介