自分の育ててる作物だからこそ、愛情ややりがいを感じることができるので、大変だけど楽しいって思うことが多いです
所在地 長野県小県郡長和町古町994-5
会社名 有限会社 アグリカルチャー
代表者 山口 孝一
年齢 57歳
事業内容 水稲、野菜、果樹の生産加工販売
規模 総農地面積約30ha
従業員数 4名
主要取引先 JA、卸売業者、大手食品会社
採用情報
(正社員)
https://www.agri-navi.com/s/?post_type=fudo&p=8757

【就農するまでの経緯】

実家が代々この場所で肥料農薬販売店を営んでいたので、農業への興味や関心はもともとありました。当初はその販売店を「継ぐ」と考えていましたが、お客さんが皆年配の方でこの先やっていけるのか?という不安を抱えていました。 そんな折にお客の農家さんから当時の米相場が高く儲かっているお話しをよく聞いていたので農業に魅力を感じて始めたことが今の会社をスタートさせるきっかけになったと考えています。 和田町古町は幸いにも農地が多く、高齢化で農業を辞める人も増えてきていたので、これから新しく農業を始めるにはうってつけの環境でした。 自分で言うのもなんですが、もともと働き者だった性格を活かし、夏の繁忙期にはがっつり働き、冬場の農閑期にはしっかり休むという生活に魅力を感じ、やりがいを見出しました。

【農業のやりがい】

やはり自分の狙った収量がこなせて収益を挙げられた時が一番達成感を感じる瞬間です。良い物を作るということは当たり前のことですが、仕事をやる以上『稼ぐ』ことも大事だと経営者ながらに感じています。 また、当社では以前から外国人技能実習生を受入れておりますが、期間を終え、故郷に帰った実習生が自分の国で、当社で学んだ技術を活かして農業をやっていることを聞かされたときには喜びが湧いてきますね。やる気のある意欲のある人間を見るとどうしても応援したくなってしまう性分なんです。 また、こういう仕事だと取引先を含め地域交流から多くの人間関係ができ、人間的にも成長できるなぁと感じます。

【農業の大変さ】

自然を相手にしているので気候の変化はさることながら、台風の時などの作物に合わせたや作業の対応が大変ですね。しかし、自分の育ててる作物だからこその愛情というかやりがいを感じることも多いので、大変だけど楽しいって思うことも多いですよ。

【今後の目標は?】

多品種でやっている現状から作物を減らしていこうと考えています。今後は従業員の働き方を更に考えていかなければならない時代だと考えていますので、業務の効率化を含め、働きやすい現場づくりを模索中です。 トマトに関しては6時産業化として「ケチャップ」の製造を進めています。JAとは古くからの付き合いもあるので、道の駅等地元を中心に販売網を作っている所なんです。 加工すれば良いってものでもなく、その時に求められているサービスを提供できるよう心がけています。ぶどうも加工してジュースの販売なども手がけていて、いずれも人気で予約段階で完売状態になるほどの盛況ぶりなんですよ♪

【就農を考えている方にメッセージ】

農業は漠然と言われたことだけをこなすだけでは面白みがなく、体力的にしんどいだけの仕事になっていまします。だからこそ、自分はこんな作物を作りたい!という『目的意識』を持って長く働いていって下さい。 技術や経験は片手間で身につくものではなく、教えてもらって実践して考えて失敗して初めて身についてくるものです。 ずっとここにいろという事も考えてません。やっていくたびに面白みが湧いてくるのもまた農業。そのうち独立してみたいと思ってくることもありますので、将来的に独立目指す人も大歓迎です!

あぐりナビ担当者から一言

代表の山口様に取材訪問してきました!
良質な農作物を生産している実績と幅広い人脈を活かし、様々な会社と取引のあるアグリカルチャーでは、あのマンズワインにも使用されているぶどうや、お米などを生産しています。
またお会いして話してみるとおおらかな性格の方で、当日も渋滞等で30分遅刻した私を優しく出迎えてくださりました!
ただし農業に対してはかなり積極的であり情熱を持って野菜を生産されていて、自社生産でのこだわりなど様々なお話しをお聞かせくださいました♪
今回、息子様へ事業承継されることも近くお考えでの募集です。体制が変わった時に、新社長の右腕としてキャリアを築き、活躍される人材を募集!お休みも多く安心して長く働ける職場ですので、ぜひご応募下さい♪


写真紹介

代表の趣味は海外旅行!長野の繁忙期は大変ですが、冬場の農閑期を活かして楽しんでいるそうです♪

未経験の方にもしっかり指導できる体制を取っていますので安心してお越しください!

当園では水稲20ha、ぶどう3ha、レタス1ha、キャベツ2ha、トマト2haの規模で生産を行っています!“よりよいものを食べること”、“それはより良く生きること”をモットーに生産を行っております。

私たちの考える『より良いもの』とは、自然本来の力に従って作られた食べ物のこと。『きれいな水』『おいしい空気』『ふくよかな土』…。信州の大自然の恵みを素直に受けとることを心がけ、自然に近いかたちでの栽培方法で作物を作っています。